国内旅行時の機内に持ち込みが禁止されているものとは?

待ちに待った旅行、楽しみにしていたのにフライト前にトラブル…
そんなことにならないよう、事前に荷物のチェックをしておきましょう。

 

飛行機には、持ち込みが禁止されているものがあることをご存じですか?

 

日常生活でみんな使用しているのに、持ち込めないの?

そうです。

 

海外旅行だけでなく、国内旅行の際も規定があります。

 

女性の場合、化粧品類がよく引っ掛かってしまいます。

 

荷物として預けることはできるので、
機内持ち込み分と預ける分とに分けておきましょう。

 

大きさや液体の制限はご存じかもしれませんが、
今回は化粧水についてご説明します。

 

 

機内に持ち込みができない「化粧水」の種類や理由

 

 

国内線の場合、それほど厳しい制限はありません。

 

JALやANAでは、一人あたり2㎏以内(2リットル以内)のものは
持ち込み可能とされています。

 

ただし、ひとつの液体は0.5㎏または0.5リットル以下と制限があります。

 

旅行に大きな化粧水ボトルを、
幾つも持っていく方は少ないかもしれません。

 

むしろ気を付けるべきは、帰りのお土産でしょう。

 

女性同士のお土産で化粧水などを買われた場合、注意が必要です。

 

液体類が引っ掛かってしまうのは、

爆発の危険を避けるためでもあります。

 

液体を使った爆発物が存在するため、テロ対策とも言えるでしょう。

 

市販されている化粧水なのに?

と思われるかもしれませんが…

 

ひとつひとつをゲートで分析していては、

とても搭乗手続きが終わりません。

 

そのため、前もって手荷物検査で弾かれてしまうのです。

 

ひとつひとつに害はなくとも、
混ぜ合わせることで問題が発生することもあります。

そんなリスクを抑える意味も理解しておきましょう。

 

 

機内に持ち込みできない液体がある!国内でも要注意!

 

 

国内線では、飲み物やアルコール、
化粧品や香水類にそれほど厳しい規定はありません。

(国際線ではいっきに厳しくなります)

 

ただしアルコール度数70%以上のものは不可となっています。

 

また、アルコール度数が24%以上、
70%以下のものはひとり5リットルまでとなっています。

 

これもどちらかといえばお土産の際に気を付ける点でしょう。

 

持ち込み可能かどうか事前にチェックしておかなければ、
搭乗時に混雑してしまいます。

 

 

まとめ

 

国内線利用であれば、それほど心配することなく持ち込むことができます。

 

行きは気にしている人も多いですが、帰りは疎かになりがち。

 

行きでスムーズに搭乗できたからといって安心は禁物!

 

お土産のことまで頭にいれておくことを忘れないようにしましょう。

また、国際線も国内線と同じと思うと大間違いです。

 

国際線のときは、また改めて情報収集することをオススメします。

よいフライトを!