成人式の振袖って相場はいくら?

一生に一度の晴れ舞台。
成人式に参加する本人はもちろん、ご両親にとっても一大イベント!

 

振袖の準備は早ければ早い方が良いといわれます。
だいたい成人式の1年前の1月~3月から振袖を検討・購入するのが一般的。

 

 

成人式の振袖って値段はいくらぐらいなのか?

 

 

ご紹介していきましょう!

一般的な相場だとピンからキリまであって
20万~100万以上するといわれています。

 

そもそもなぜそんなに差があるのか?

 

それは振袖の生地の質、お店の信頼度、
柄、ブランドで金額の差が出るようです。

 

老舗のお店での直接購入だとどうしても高くなりますが
信頼度は高いので安心して購入できます。

 

ネットだと同じ着物でも安価に購入できますが
生地の感じも確認できないので注意が必要です。

 

事前に口コミなどのチェックをしておいたほうがよいでしょう。

 

 

成人式の振袖はでレンタルで十分!
小物もまるごとレンタルできる?

 

振袖はなにも購入ばかりではありません。
最近では、レンタルも人気です。

 

購入よりも安価で、購入したあとの維持費も考え
レンタルを選ばれる方が多くなってきています。

 

レンタルの場合だと、
振袖に小物、着付けとヘアメイクなど全て込みのことが多く、
予約などがどめんどくさい人にもおすすめです。

 

相場はだいたい15~20万円。

 

人気の色、柄などはすぐなくなるので
早めの予約がよいでしょう!

 

 

成人式に着たい振袖どんなのが人気?

 

 

振袖に様々な色、柄があります。
その中でも人気の色、柄をご紹介していきましょう。

 

まずは人気の色ベスト5

 

1位:赤
2位:ピンク
3位:黒
4位:紫
5位:緑

 

赤やピンクは圧倒的人気の色。

 

特に赤は昔から、祝事の象徴の色とされ縁起も良いとされています。

 

黒や紫などは、暖色が苦手な方、クール系が好きな方に人気です。
あと、色白な方にもおすすめです。

 

他の人と色があまりかぶりたくないオシャレさんには緑が人気。
髪型も工夫してモダンにまとめやすい色ですね。

 

次によく使われるをいくつか紹介していきましょう。

 

吉祥文様

 

昔から演技の良い柄とされ、結婚式、新年会など
お祝いの席の着物でよく使用される柄。

 

花柄モチーフ

 

一番多い桜柄だと「新しい門出」など
花にはいろいろな言葉が込められています。
着物の色を一段と綺麗に魅せてくれます。

 

鳥モチーフ

 

それぞれ飛び立つイメージの生き物。

 

巣立ちをする鳥
サナギから変化する蝶
大人への一歩を踏み出す意味を表します。

 

 

まとめ

 

振袖の相場、人気の色、柄も分かったので
あとは自分の気にいるものを探すだけです。

 

せっかくの晴れ舞台なので、お店などしっかりと調べて
自分に一番合った振袖を準備したいですね。

 

当日はバタバタと忙しいですが
成人式は人生に一度しかないので思いきり楽しみましょう。