タイヤチェーンの効果やスタッドレスとの違い

冬の運転で気を遣うのが、雪道です。

 

路面とタイヤ間のμ(摩擦係数)が小さくなることで
タイヤがスリップし、危険な状態になります。

 

このような事態に陥らないようにするため、
雪道の走行にはスタッドレスタイヤチェーンを装着したりします。

 

以前は、スタッドレスタイヤの性能が十分ではないことがあり、
特にアイスバーンではチェーンの方が優れているといわれていました。

 

しかし、最近はスタッドレスタイヤの性能が向上し、両者の差は小さくなっています。

 

 

タイヤチェーンがスタッドレスタイヤより優れている点

 

 

新雪時・アイスバーン時の路面への食い付き

 

新雪時の坂道発進などはチェーンがよいと言われています。

 

費用

 

タイヤチェーンの方が安価です。
また保管場所も小さくて済みます。

 

チェーン規制時への対応

 

機会は少ないのですが、チェーン装着車でないと入れない場合があります。

 

 

タイヤチェーンがスタッドレスタイヤより劣っている点

 

 

走行速度

 

チェーンでは50km/hくらいが限度です。

 

また急制動や急ハンドル操作を行った場合、
チェーンが切れることがあります。

 

装着の手間

 

タイヤチェーンは必要な時に装着しなければなりません。
また、雪道以外で使用するとすぐに切れてしまいます。

 

乗り心地

 

チェーンの厚みによる凹凸で、
これはどうしてもスタッドレスタイヤに劣ってしまいます。

 

 

一人でもできる♪マスターしたいタイヤチェーンのつけ方

 

 

タイヤチェーンの使用に際して、一番不安なのが取り付けです。
ちゃんと取り付けられないと走行中に外れたりしてしまいます。

 

以前のタイヤチェーンは、取り付けのためにジャッキアップしたり、
タイヤの前にチェーンを敷いて車を移動させてから巻きつけたり、
と面倒な作業が必要でした。

 

しかし、それは昔の話です。

 

今では覚えてしまえば簡単に取り付けられます。

 

例えば、中部地方整備局三重河川国道事務所ホームページ
イラストで紹介されています。

 

そして購入したら、タイヤチェーンに附属している取扱い説明書を見て
練習しておくことをお勧めします。

 

軍手とか必要な小道具も分かりますし、本番で慌てなくて済みますよ。

 

 

タイヤチェーンの価格やおすすめメーカー

 

タイヤチェーンは種類も値段もいろいろあります。
代表的なものを幾つか紹介します。

 

エフ.イー.シーチェーン

 

国産のチェーンの20%を占める株式会社エフ.イー.シーチェーンの商品です。

 

雪道楽NEO

 

亀甲型10㎜リング金属チェーンで、全方向にグリップを発揮します。
参考価格:7,400円~。

 

雪道楽DASH・チェーンタイプ

 

こちらははしご型で、薄型9mmツイストチェーンを採用した金属チェーンです。
参考価格:7,940円~。

 

エコメッシュⅡ

 

非金属タイプのチェーンです。
両側ワンプッシュロック採用で、
ジャッキアップ不要の短時間で装着できるチェーンです。
参考価格:9,990円~。

 

P1マジック

 

イタリアのタイヤチェーンブランドです。
10mmリンクの亀甲型金属チェーンです。
幅広い車種に対応したラインナップです。
参考価格:13,700円~

 

 

CAR MATE(カーメイト)

 

東京都豊島区に本社を置く、カー用品などを製造・販売している企業です。

 

バイアスロン クイックイージー

 

国内NO.1シリーズの非金属チェーンです。
参考価格:19,808円~。

 

イエティスノーネット

 

スイス生まれのラバーネットチェーンです。
世界19か国で特許を取得している先進・独自のタイヤチェーンです。
参考価格:25,800円~。

 

 

耐久性は劣りますが、
軽量で収納もコンパクトな布カバー方式のものもあります。

 

バイスソック

 

ヨーロッパの認定を取得しています。
金属チェーンより取り付け・取り外しが簡単で、振動が少ないことが特徴です。
参考価格:6,700円~。

 

 

タイヤチェーンにはいろいろなメーカーと種類があります。
一度カー用品店等で相談して用途と値段があったものを選びましょう。
また、適合サイズを必ず確認しましょう。

 

 

まとめ

 

タイヤチェーンとスタッドレスタイヤの特徴を調べてみました。
どちらも長所・短所があります。
ご自身の車の用途や、走行地域の雪の降り方などを考えて検討してみてください。