冬のキャンプの服装はフリースかナイロン♪

夏のアウトドアのレジャーと問われたら?
多くの人はキャンプを挙げるのではないのでしょうか?
そう、キャンプには夏のイメージが強くあります。

 

しかし、冬のキャンプにも多くの魅力があります。

 

例えば、

 

  • 空気が澄んだ夜空・星空
  • 雪、スキーやスノーボードなど冬ならではのアクティビティ
  • 焚火など火を使っても暑くない
  • 蚊などの害虫がいない

 

などがあります。

 

他にも、閑散期となるのでキャンプ場が空いているメリットもあります。

 

一方、気温の低い冬ですから、防寒対策は必須です。

 

 

冬のキャンプで必須な防寒対策

 

 

冬のキャンプを楽しむためのポイントは何といっても「防寒対策」です。

 

テント

 

仕様はしっかり確認しましょう。
冬季・寒地用のものを選びましょう。

 

2ルームタイプのものは、フルクローズできるので便利です。

 

購入時には、ショップの詳しい人のアドバイスをもらうのもよいでしょう。

 

暖房機器

 

暖房機器は必須ですが、石油ストーブや薪ストーブなどを
密閉したところでの使用は、一酸化炭素中毒の恐れがあります。

 

換気に注意しましょう。

 

安心して使えるのはホッカイロですね。

 

衣類

 

インナーにはヒートテックのような
保温性と吸湿性の優れたものを選びましょう。

 

また、インナーの重ね着も防寒には有効な方法です。

 

アウターは、防寒・防水に優れたものを選びましょう。
ナイロン生地のものがおすすめです。

 

重ね着をしますので大き目なものを選ぶのもポイントです。

 

そして、忘れてはいけないのが、中間着です。

 

アウターとインナーの間に着るもので、
伸縮性がよく保温性が良いフリースがよいでしょう。

 

この他に、手袋、耳当て、マフラーも準備しておきましょう。

 

また、撥水スプレーもあると便利です。

 

 

冬キャンプでおすすめなあったかい寝袋

 

 

そして暖かく夜を過ごすのに不可欠なのが寝袋(シュラフ)です。
寝袋を形状で分けてみました。

 

マミー型

 

年配の人は”ミノムシ”なんて呼んでいました。

 

この型はミノムシのように全身を覆うような構造なので、
保温性に優れています。少し圧迫感があります。

 

封筒型

 

封をしていない封筒の形をしています。

 

肩口が開いているので圧迫感はないのですが、保温性でマミー型に劣ります。

 

ジッパーを開けると毛布状に広げられ、洗濯機で洗えるものも多く、
メンテナンスは楽です。

 

人型

 

名前のとおり、人型です。

 

身体が自由に動き、手足の出し入れも可能です。

 

体にフィットし、寝返りも思いのままで開放感に優れています。

 

 

どのタイプも特徴があります。

 

また、保温性(使用温度)・素材も値段もピンからきりです。

 

購入時にはショップの人と相談してから購入する方がよいでしょう。

 

 

まとめ

 

この他に、シュラフはコットの上に置くと地面からの冷気を遮れます。

 

冬のキャンプの防寒対策は、経験者からのアドバイスを参考にして、
念入りに準備したいものです。

 

そして、温かい恰好で、夏のキャンプでは味わえない、
素晴らしい冬のアウトドアを満喫しましょう。