失敗しない転職面接!新人にはできない自己PRはこうやる!

社会人でする人も増えてきた、転職活動ですが、
年齢を重ねていく毎に、しにくくなりますよね。

 

さらに、こんな疑問はありませんか?

 

「面接の時、志望動機がないとまずいのかな?」
「結果はいつ届くの?」

 

こう言った疑問に答えて行きましょう。

 

 

転職の面接時に「志望動機」を聞かれたら正直に言う?言わない?

 

 

面接で必ず聞かれるのが、志望動機です。

 

ここで別れるのが、志望動機を正直に言うのか、
ごまかすのか、と言うところです。

 

その答えは、基本的に、正直に言う方がいいでしょう。

 

志望動機は、今後のモチベーションにも関わってきます。

 

理由があって就いたのか、
理由なく就いたのか、ですと、大きく変わってきます。

 

例えば、家から近いから、
と言う理由で応募したとしましょう。

 

企業側からすれば、
近ければどこでもいいと考えて、
ダメになります。

 

まず、手当たり次第に
応募するのは得策ではありません。

 

数打てば当たる、
と思ってしているのでしょうが、逆効果です。

 

手当たり次第に応募する、と言うことは、
企業単体での情報が足りなくなりがちです。

 

まず、面接で大切なのは、
企業先に、ここでなければいけない、
と思わせることです。

 

この点では、企業単体での情報と
志望動機は繋がってきます。

 

さて、話は戻りますが、
基本的に正直に言うとしましたが、
何故、基本的に、と言いますと、
明確なビジョンが見えていない時には、効果的なこともあります。

 

明確なビジョンが見えていないと、
こうなりたいとわからないです。

 

しかし、言い換えれば、
わからないから明確なビジョンが見えてこない、となります。

 

一度やってしまえば、
後々に、明確なビジョンが見えてくることもあります。

 

 

転職の面接結果はどのくらいで、どのように届くのか

 

 

面接の結果で気になるのが、時間と届く方法ですよね。

 

まず、届く時間ですが、
基本的に、一週間ほどで届きます。

 

郵送では、場合によっては、
少し遅くなることもあります。

 

基本的に、と言うのは、
多くの企業は、一週間ほどで結果を出しますが、
後々に受験者がいたり、企業の方針だったりと、
延びたりすることもあります。

 

方法ですが、応募方法によって、
種類が変わってきます。

 

・応募方法に関係ない

 

応募方法に関係なく使われるのが、
電話と郵送、メールです。

 

これは最も一般的で、この方法で届く可能性が高いです。

 

・転職サイト

 

転職サイトで応募した場合は、
転職サイトのメッセージで届くことがあります。

 

転職サイトの場合は、こちらの割合が高くなってきます。

 

・例外

 

例外と言うのは、
特殊な方法でわかるパターンです。

 

基本的に、合否関係なく、結果が届くのですが、
中には、不採用なら連絡しないところもあります。

 

その場合には、期間が設定されていますので、
面接時に聞くのもありでしょう。

 

 

最後に

 

転職者が増えていることもあって、
転職しやすくなってきていますが、
それでも、やはり大変だと思います。

 

良い企業を見つけて、
より良い人生を送ってください。