ハムスターの寿命が短い理由は?種類によって違う寿命の不思議

ペットが亡くなって、
悲しくなったことはありませんか?

 

どんな動物でも、いつかは亡くなります。

 

そこで、今、人気のハムスターの寿命ですが、
短いと言う話を聞いたことがありませんか?

 

それを聞けば、
こんな疑問が出てくると思います。

 

「ハムスターの寿命って、種類で違うの?」
「何年くらい生きてるの?」

 

ハムスターを飼うなら、
どうしても気になりますよね。

 

寿命とは言え、
知らないで亡くなるのは、辛いものです。

 

そこで、ハムスターの寿命についてお話します。

 

 

ハムスターの寿命は何年?
ジャンガリアンハムスターの場合

 

 

ハムスターの寿命ですが、
2年~3年になります。

 

その中でも、人気があるジャンガリアンハムスターの寿命は、
2年~2年半。

 

これは、平均であって、
飼育の仕方によれば、長生きできます。

 

実際、5年間生きたハムスターもいます。

 

ジャンガリアンよりちょっとだけ長生きなゴールデンハムスター

 

ジャンガリアンハムスターに匹敵する
人気を博しているのが、ゴールデンハムスターです。

 

ゴールデンハムスターは、
ジャンガリアンハムスターより少し長生きです。

 

ゴールデンハムスターの寿命は、
2年~3年です。

 

当然、飼育の仕方によれば、
長生きする可能性もあります。

 

 

ハムスターを長生きさせるには?

 

 

ここまで、ハムスターの寿命は
飼育の仕方によって伸ばせる、と言って来ましたが、
どうすれば伸ばせるか、気になりませんか?

 

そこで、ハムスターが長生きするポイントをお教えします。

 

・ハムスターの餌

 

ハムスターの餌てして、用意してるものと言えば、
ひまわりの種だと思います。

 

しかし、ひまわりの種は脂質が多いので、
与えすぎると肥満になり、寿命が縮まります。

 

脂質の少ない、ペレットや
人参のような水分が少ない野菜が最適です。

 

・ハムスターのストレス

 

ハムスターは、ストレスに弱い生き物です。

 

あまり頻繁に触ったり、
ケージの開閉の音でさえ、ストレスになったりします。

 

ですので、触ったりするのは控えめにしましょう。

 

・ハムスターの運動

 

運動不足が原因で、寿命が短くなることもあります。

 

ホイールが合わないと、
ホイールを使わなくなることもあります。

 

大きめのケージとホイールは必須になります。

 

・ケージの清掃

 

頻繁にケージの清掃をしてしまいそうになりますが、
実は、あまり清掃はしない方がいいです。

 

清掃すれば、
ハムスター自身の匂いが消えてしまい、
荒らされたと感じてしまいます。

 

さらに、巣を作るのに時間がかかりますので、
寒い中、待たなければいけないこともあります。

 

それらがストレスになり、寿命を縮めてしまいます。

 

清掃は、月に一回程度で大丈夫です。

 

 

最後に

 

ハムスターも飼い始めると、
家族の一員だと思えてきます。

 

ですので、ハムスターとの生活を
大事にしてくださいね。

 

 

あわせて読みたいハムスター関連記事