ハムスターのケージをおしゃれにしたい!ケージの種類まとめ

人気のペットと言えば、ハムスターがいます。

 

ハムスターを飼うとなると、
ケージが必要ですよね。

 

ケージについて、こう思っている人もいると思います。

 

「ケージの値段って、どうなってるの?」
「どんな機能のケージがあるの?」
「おすすめなケージって、どんなの?」

 

ケージについて、心配な声も少なくないですよね。

 

ケージは、ハムスター達の家になるので、
ケージ選びは大切ですよね。

 

そこで、ハムスターのケージについて、お話します。

 

 

ハムスターのケージはいくら?
値段の相場と機能の違い

 

 

ハムスターのケージの値段って、
気になるところですよね。

 

ハムスターのケージの相場は、
2000~5000円です。

 

機能によって、値段は変わってきますが、
5000円以内でもいいケージが買えますよ。

 

そこで、ケージに付く機能をお教えします。

 

・遊具

 

ハムスターのケージでは、定番の機能です。

ケージの中にいますと、
運動不足になりますからね。

 

簡単なものは、
ハムスターが走ってる姿でお馴染みのホイールです。

 

最近では、アスレチックがついたケージも出てきています。

 

・複数階

 

ハムスターのケージの中には、
二階や三階があるものもあります。

 

二階や三階と言っても、色んなパターンがあり、
浮島の用に小さなスペースが浮いているパターンや
普通の家のように仕切られているパターンがあります。

 

普通の家のように仕切られているパターンでは、
アスレチックが備え付けられているのがほとんどになります。

 

アスレチックを通じて、上り下りするようになってるんです。

 

・給水ボトル

 

給水ボトルは、かなりの割合で付いています。

 

好きな時に飲めるように、備え付けられています。

 

柵の横から飲み口が出ているタイプと、
柵の上から飲み口が出ているタイプの二つがあります。

 

柵の横からのタイプでは、
置くための広さが広くなります。

 

柵の上からのタイプでは、水の量が少ないことが多いです。

 

 

初心者必見!
ハムスターのケージでおすすめのタイプはこれ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ハムスターのケージには、
いくつかのタイプがあります。

 

そこで、ハムスターのケージのタイプを紹介します。

 

・金網タイプ

 

オススメ度 ★★★★☆

 

金網タイプは、金属やプラスチックで
金網のようになったタイプです。

 

通気性や重さ、手入れは簡単です。

 

しかし、ケガをしやすい欠点があります。

 

・水槽タイプ

 

オススメ度 ★★★☆☆

 

プラスチックの水槽のようになっているタイプです。

 

撮影や手入れ、耐久性と言う点で優れていますが、
通気性は非常に悪いです。

 

・プラスチックタイプ

 

オススメ度 ★★★☆☆

 

プラスチックのケースのような形のタイプです。

 

安く、硬く、通気性が高めのものもありますので、
利点はそれなりにあります。

 

しかし、サイズの点で問題があり、
小さいサイズがほとんどになります。

 

・結局、どれがいいの?

 

総合的に、金網タイプがいいです。

 

しかし、どれも異なる利点がありますので、
カバーできる欠点があるケースを選ぶのがいいです。

 

 

最後に

 

ケージは、ハムスターの家になります。

 

そのため、ケージ選びは、しっかりと考えてください。

 

 

あわせて読みたいハムスター関連記事