• 生活術
フロントガラスの凍結!お湯をかけた結果悲惨なことが・・!

冬になるとよくあるのが、
フロントガラスの凍結です。

 

そこで、こんな人がいると思います。

 

「早く凍結をどうにかしたい!」
「凍結してるんだから、お湯をかければいいだろ」

 

凍結したからと言って、焦らないでください。

 

ここでは、どうすれば凍結を解消出来るか、
教えます。

 

 

フロントガラスにお湯をかけたりどうなるの?

 

 

フロントガラスが凍結すると、
真っ先に思い付くのが、お湯をかけることです。

 

しかし、凍結したフロントガラスに
お湯をかけると、大変なことになります。

 

それは、フロントガラスが割れてしまいます。

 

ガラスは、元々急激な温度変化に弱いです。

 

しかも、フロントガラスは
色んな種類のガラスを重ねていますので、
バラバラに膨張して、割れやすくなっています。

 

さらに、割れなかったとしても、
外気温でお湯が冷めてしまい、
最終的には、凍ってしまい、意味がなくなります。

 

 

フロントガラスの凍結を水で何とかする方法

 

 

フロントガラスの凍結を
水でなんとかしたい人もいると思います。

 

水で溶かすのが、手軽に出来ますからね。

 

実は、簡単な方法です。

その方法とは、

 

  1.  エアコンの送風口をデフロスターにします。
  2. ワイパーを作動させます。
  3. ぬるま湯をかけます。

 

これで、凍結を解消できます。

 

まず、デフロスターとは、
車に乗ってる人はよく知っていますが、
フロントガラスの凍結防止に使う、送風口です。

 

これを使うことで、溶かしやすくなります。

 

次に、ワイパーですが、水をそのままにすると、
凍結してしまい、無駄になります。

 

最後に、ぬるま湯ですが、
温度はそんなに高くないので、急激な温度変化が起きません。

 

ですので、フロントガラスが割れる心配はありません。

 

ぬるま湯と言っても、
どれくらいかわかりませんよね。

 

大体、風呂の残り湯程度の温度で大丈夫です。

 

 

フロントガラスの凍結には自作のアルコールスプレーがいい♪

 

 

フロントガラスの凍結で最も最適なのが、
アルコールスプレーです。

 

ホームセンターなどでは、
解氷スプレーとして売られています。

 

どうしてアルコールスプレーで溶けるのが、と言うと、
アルコールは0度でも凍りません。

 

そこで、凍結したフロントガラスにかけると、
溶けた水とアルコールが混ざりあって、
0度でも凍らなくなります。

 

アルコール40%で、-30度まで凍らないので、
通常なら、凍りません。

 

家で作る、なんて難しいと思っていませんか?

 

実は、消毒用アルコールで大丈夫です。

 

消毒用アルコールはアルコール濃度が高いので、
十分な効果が期待できます。

 

 

最後に

 

冬になると、フロントガラスの凍結は
皆さんの悩みの種です。

 

しっかりと最適な対策や対処を知っておいて、
冬の悩みを一つでも減らしてください。