ハロウィンの仮装で凝りたいのはずばりメイク!

皆が思い思いの衣装とメイクで仮装を楽しむハロウィン。

 

もともとは宗教行事だったのですが、
日本の場合はイベント色が強くなっています。

 

90年代からディズニーランドのパレードから一般に広がってきたようですが、
いまでは、毎年10月の恒例行事の感があります。

 

数々のコスプレイヤーのパフォーマンスを楽しんでいると、
自分でも仮装して参加したくなります。

 

でも、メイクとか衣装の準備が大変そうで、二の足を踏んでしまいます。
そんな人のために、簡単で見栄えのする方法を調べてみました。

 

 

いつもと違うハロウィン!
仮装もメイクも簡単に大人でも楽しめるグッズはコレ

 

 

”何になるか(どんな仮装をするのか)”を決めないと準備は進みません。

 

ここでは、定番の悪魔・妖怪系のドラキュラを例にします。

 

 

凝ればどんどん難しくなるのですが、
簡単準備でもそれらしく見えるのがドラキュラの良いところ。

 

ぶっちゃけて言えば、
髪をオールバックにしてマントを羽織れば出来上がり。

 

口に牙を付ければ、よりそれらしいドラキュラになります。
マントの下は、黒のスーツで十分です。

 

ここでひと工夫加えるなら、メイクです。

 

男性にはハードルが高いメイクですが、
仮装用ならそんなことはありません。

 

ただ顔を白く塗りあげればよいのです。

 

簡単でしょう?

 

具体的には、

 

・ファウンデーション:肌を白くみせます。
・コンシーラー:青系のもので、痩せこけた感じを出します。
・口紅:青か白系で、血色の悪さを表現します。

 

これらは、100均で揃えられます。

 

あと、牙と蝶ネクタイがあればOKです。

 

次に勧められるのが、ゾンビでしょう。

 

 

ドラキュラと同様に、不健康さを出しましょう。

 

服も不要なものに破れを入れて、
そこにアクリル塗料で”土”の汚れや”血”の跡を付けていきます。

 

”破れ”を入れるときは、
はさみで小さな切り込みを入れてから
生地を引っ張れば簡単に作れます。

 

ゾンビの定番である”傷跡”シールは、100均で売っています。

 

上手に活用したいですね。

 

 

ハロウィンの仮装パーティで
インパクト大なキャラクターとは

 

 

せっかく仮装をするならインパクトのあるものにしたいですね。

 

まずは、その年の有名人や映画のキャラクターですね。
好きなアニメのキャラのコスプレをする人も大勢います。

 

ネットでの予想では、

 

〇ブルゾンちえみさんやトランプ大統領、安倍首相(のマスクで仮装)
〇猫ちゃん(マウスコンピューターのCM風)
〇ゲゲゲの鬼太郎の猫娘

 

はいかがでしょうか。

 

定番でもインパクトがあるなら

 

〇野菜、オーランタン(かぼちゃ)。数が揃うとなかなか迫力があります
〇ミニオン。これも数が揃えば、映画の世界ですね。
〇海賊系、ジャック・スパロウ風のメイクは定番です。
〇アニメなら銀魂の坂田銀時。

 

あとスターウォーズのダースベイダー、スパイダーマンもいいですね。

 

 

まとめ

 

仮装の衣装は、Amazonや楽天で購入することができます。

 

そのまま使ってもよいですし、
これに手を加えて自分らしいものにしてもよいですね。

 

自分なりの仮装で、ハロウィンのお祭りを楽しみましょう。

 

でも、周囲の人の迷惑にならないようにきをつけましょうね。