• 生活術
狭小住宅の間取りを最大限活用するための工夫

家を建てる時に、
こんな悩みはありませんか?

 

「家を建てたいけど、土地が小さい」
「庭を作ると、家が小さくなる」

 

どうしても、
家の広さって、気になりますよね。

 

狭いと、生活しにくくなりますからね。

 

そんなお悩みにアドバイスを差し上げましょう。

 

 

狭小住宅は外観も重要?!外観デザインのコツ

 

 

狭小住宅とは、狭い家のことです。

 

そんな家で重要なのは、意外にも外観です。

 

実は、
狭小住宅は、デザイン性が高い家が多いんです。

 

例えば、

 

玄関の入り口のドア幅を広くする、
二階の窓を広くする、

 

と言ったような、
工夫があれば、
デザイン性が高い家になりますよ。

 

さらに、
狭小住宅の問題点の、
解放感が解決されます。

 

ただし、この点には注意してください。

 

・屋根部分

 

屋根部分で、建てる時に問題があることもあります。

 

建蔽率は、上から見た面積が重要になります。

 

瓦屋根のように、
屋根と段差を付けると、
その分、一階分の面積が小さくなります。

 

・高さ制限

 

家を建てる際には、高さ制限があります。

 

高さ制限では、基本的に10mか12mになります。

 

これは、場所によって、違いますので、
一概には言えません。

 

狭いからと言って、
上に作って広くすることにも、限界があります。

 

 

狭小住宅の間取りは
アイディア次第で広くすることができる!

 

 

狭小住宅の間取り次第では、
広くなることも可能です。

 

その例を挙げて行きましょう。

 

・地下室

 

地下室は、
家を建てる時に必要な、
建蔽率や高さ制限、容積率の制約がありません。

 

三階建ての場合もありますが、
三階部分も建蔽率の影響で、
狭くなりかねません。

 

地下室ですと、
土地全体を使えますので、
一階分増やしたいとなれば、
地下室の方が広くなります。

 

しかし、費用や水道管などの問題があります。

 

そのため、
地下何階のように、下に進めることは難しいです。

 

・スキップフロア

 

スキップフロアとは、
一階で段差を付けることです。

 

これは、
段差毎で別の部屋とすることができます。

 

そうした場合、
メリハリがついて、
暮らしやすくなりますよ。

 

さらに、
段差に収納を作れば、
見た目以上に広くなります。

 

・壁を減らす

 

壁があることで、
より閉塞感が生まれます。

 

全く壁がない、となれば、
耐震性の問題が出てきます。

 

そのため、
最低限の壁だけ残すといった方法もあります。

 

・デッドスペースを減らす

 

これは、収納に関することです。

 

例えば、
段差や地下のように、
使っていないスペースがあることもよくあります。

 

そのスペースを収納にすることで、
出ているものを減らして、広く場所を取れます。

 

 

最後に

 

家を建てる際に、制約は多くあります。

 

その中で、いかにスペースを取ることが、
狭小住宅にとって
大切なことになります。

 

この記事を参考にしまして、
より良い暮らしをしてください。