日焼け止めでおすすめなのは「オーガニック」ではなく「ノンケミカル」

今流行りの「オーガニック」という言葉をご存じですか?

 

農薬を使わないことや、無添加の食品などに使われる言葉です。

 

オーガニックの日焼け止めと聞くと、

肌に良さそう!

そう感じる人も多いと思います。

 

しかし、敏感肌の人にはオーガニックよりもノンケミカルがオススメです。

 

一般的に、日焼け止めには二種類あります。

紫外線吸収剤を使用したものと、紫外線散乱剤を使用するものです。

 

  • 紫外線吸収剤が含まれるものをケミカル
  • 紫外線散乱剤が含まれるものをノンケミカル

 

と言います。

 

ケミカル日焼け止めは紫外線カット率が高い代わりに、
肌に負担がかかってしまいます。

 

敏感肌の人には、痒みやかぶれを起こしてしまうこともあります。

 

一方、ノンケミカル日焼け止めは、肌への刺激が少ないのです。

 

 

オーガニックより
肌に安全な日焼け止めは敏感肌も安心♪

 

 

それではオーガニックとの違いはなんなのでしょうか?

 

オーガニックとは、
みなさんが想像されているように自然由来、植物由来のものです。

 

食事はオーガニックで♪

などと、身体に良さそうなイメージですよね。

 

しかし、ケミカル表示でオーガニックのものや、
ノンケミカル表示でオーガニックでないものがあります。

 

オーガニックは肌に合う人には優れていますが、
植物由来成分です。

 

それはつまり…

オーガニックは植物にアレルギーのある人にはむかない!

ということなのです。

 

それに対し、ノンケミカル日焼け止めは、紫外線散乱剤使用です。

 

肌の上で紫外線を反射させることができます。

 

ちなみに、ケミカル日焼け止めの紫外線吸収剤とは…

肌の上で、紫外線と日焼け止めが化学変化を起こしています。

 

敏感肌の人にノンケミカルがすすめる理由を、
わかっていただけたでしょうか?

 

 

オーガニックより
ノンケミカルの日焼け止めジェルが人気のワケとは

 

 

ノンケミカルの日焼け止めは、
テクスチャーの固いものが多いのが現状です。

 

使用感で選ぶなら、
好みもありますがジェル状のものが白浮きもせず快適!

 

そのため、ノンケミカルのジェル状の日焼け止めは重宝されています。

 

高価にはなりますが、
肌への負担が少ないため人気の日焼け止めです。

 

石鹸で簡単に落ちるので、
専用のクレンジングも必要ありません。

 

 

まとめ

 

オーガニック、ノンケミカルの日焼け止めの違いを説明しました。

 

もちろんその人の肌に合うことが一番です。

 

ウォータープルーフなどは落ちにくく汗にも強いですが…
同時に、肌への負担も大きいのです。

敏感肌の人にはオススメできません。

 

SPFが低いと心配される人もいるかもしれませんが、
まで強いSPFは必要ありません。

 

ノンケミカルのものを塗り直せば、真夏の紫外線でも充分です。

 

おまけに、シャワーできれいに流せるのは魅力的ですよね。

 

皆さんも、自分の肌に合った日焼け止めを探してみましょう。