アウトドアするならおすすめのバッグはコレ☆ブランドランキング

夏は海や山やキャンプに、冬ならスキーやスノーボードに、
とアウトドアでのレジャーは、一年中あります。

 

お気に入りのアウトドアグッズを運ぶのに、
あると便利なのがバック類ですが、
通勤や通学に使用するものと違って、
軽さや防水性が求められます。

 

そんなアウトドアでの使用に適しているのがナイロンバッグです。

 

ナイロンバッグに使われている合成繊維のナイロンの特長は、
ほかの麻や木綿などの繊維に比べて
耐摩耗性や耐久性、軽量性に優れていることです。

 

このナイロンでつくられたバックは、当然軽くて水に強く丈夫で、
汚れを落としやすいというメリットもあります。

 

使い勝手の良さはトップクラスです。

 

ですから、普段持ち歩くビジネスバッグや
アウトドア用のリュックなどに多用されています。

 

この人気のナイロンバックですが、
どんな選び方で買うのが良いのでしょうか?

 

選び方ポイントとおすすめブランドをご紹介します!

 

 

雨に濡れても大丈夫なナイロンバッグ!
アウトドア向けの種類とは?

 

 

アウトドアで使うバックに求められるものは、
軽さ」「防水」「耐久性」でしょう。

 

ナイロンの特長である「軽さ」は、軽すぎると「耐久性」が気になります。

 

「耐久性」のポイントは、縫製の出来と材料です。

 

通常のナイロンよりも7倍の強度があるコーデュラナイロンなどを
使ったものなら耐久性はぐんと増します。

 

ビジネス用に、
ノートパソコンや書類など(ざっと5kg前後)詰め込む人は、
チェックしたいところです。

 

「防水」のポイントは、縫製の出来と、ファスナ周りの処理です。

 

閉めた時に、ファスナ部分が生地で覆われるようになっているものがよいです。

 

ナイロンで作られたバックにはいろいろな種類があります。

 

その中で、アウトドアで使うことを考えた場合、
ナイロンの特徴を一番発揮するのは、リュックです。

 

リュックの最大のメリットは、「両手が空く」ことですね。

 

山中や岩場などで活動する時など、
アウトドアでアクティブな場面に使いやすいのです。

 

荷物の重さを肩と背中で受けるのも、
屋外での行動時の疲労を減らしてくれます。

 

日常での小さな子供とのおでかけに使うのもよいですね。

 

もちろん耐久性、防水に優れたものが多数発売されています。

 

ちなみに、
リュックサック、ザック、デイパック、バックパックも
リュックのことを指しています。

 

もう一つ、アウトドアで便利なバックがトートバックです。

 

特に、アウトドアで使う道具をまとめるのに
大型のトートバッグが活躍します。

 

抜群の持ち運びやすさと、申し分ない収納力が
トートバッグの「売り」でしょう。

 

その特徴が一番発揮されるのがキャンプでしょう。

 

道具の収納にはボックスが人気ですが、持ち運びが大変です。

 

大型のボックスになるほど重くて硬くて持ち辛いです。

 

これが、トートバックなら、同等のサイズでも、
バッグとして肩にかけて運べるため、運ぶのがとても楽です。

 

また、トートバックは自宅での保管が楽です。
使わない場合には畳んでコンパクトに収納できる点も魅力です。

 

 

アウトドアですらファッションを楽しみたい!
おしゃれ男子に人気のバック4選

 

シンプルな外観ながら、
しっかりと上品な雰囲気のリュックサックを2つ紹介します。

 

 

ビームスライツ(BEAMS LIGHTS) O.PKTBL ナイロンリュック

 

形はとってもオーソドックスです。
持ち手ついているトリコロールカラーのテープがお洒落です。

 

使い勝手を左右するのはメインポケットに直結した背面のファスナ。
これが、中の物を取り出しやすくしています。

 

 

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) リュック Shuttle Daypack NM81602

 

シンプルな仕上げでビジネスシーンでも使えるスクエアシルエットです。
滑らかな表面をした素材は、デザインやシルエットとよく合っています。

 

背面のスリーブはPCやタブレットが入り、ビジネスに便利です。

 

 

トートバックなら次のものはどうでしょう?

 

 

オレゴニアン・アウトフィッターズ「キャンパーギアトートバッグ」

 

ふた付きで便利なトートバッグです。機能面も優れたトートです。

 

 

ロゴス「クラシカル トートバッグL」

 

キャンプに十分なサイズですが、普段使いにも勝手がよい汎用性のあるトートです。

 

 

まとめ

 

おしゃれを意識してナイロン生地のバックを選ぶ際は、
「質感」を重視して選びましょう。

 

薄いナイロン生地のものは安く見えがちですので、
コーデュラナイロンなどの厚手の生地を選ぶのが無難です。

 

もしくは、実際に手に取ってみてシワになりにくい生地を選ぶのがおすすめです。

 

色は、モノトーンや、深みのあるカラーがおすすめです。

 

ビジネスでも普段のカジュアルな場面でも、
服と合わせやすいので、使い勝手がよいです。

 

小さめショルダーバックなどは明るいトーンにすることで、
ポイントカラーとして使うことができますね。

 

あなたのセンスで、色々試せるのもナイロンバックの利点です。