お出かけ前に知っておきたい妊娠初期のトラブル!電車での注意点は?

妊婦さんは大変です、
妊娠がわかっても普段の生活を続けなければなりません。

 

そうなると仕事や家事なんかももちろんいつも通り。

 

妊娠は病気ではないですが、
色々と体は目まぐるしい変化が起こっているので
今まで通りに動ける方は少数かと思います。

 

大なり小なり体に負担はかかるものです。

 

特に妊娠初期。喜びも束の間、第一関門のつわり。

 

そして妊娠初期になると
胎児に大きな影響を及ぼす風疹にも気を付けなければなりません。

 

つわりが始まるとお出かけは大変です。

 

仕事などで変わらず電車通勤などになると、
人も多いし席も譲られることが少ないです。

 

長時間電車に乗らなければならない場合は、
途中下車出来るようになるべく時間に余裕を持たせる。

 

人込みが多いのでマスクを着用する。

 

なるべくこれを心掛けると良いでしょう。

 

焦ったり不安に思うと
胎児にもよくないので万全には万全を尽くしましょう。

 

 

後期だからって油断は禁物!
妊娠後期に起こり得る電車での出来事

 

 

私は妊娠後期になると、歩いてくださいと
よく言われたので電車で病院へ通院してました。

 

ただこのころは貧血が酷くて4駅ほどなんですけどよく座ってました。

 

お腹は目立ってくるので席を譲ってもらうことが増えましたが、
時間帯によっては満員でお腹を守りながら乗ってました。

 

急いでいる人は周りを見ていないので、
カバンやスーツケースなどがお腹に当たらないように気を付けて下さい。

 

臨月に入り予定日が近くなるといつ破水するか誰にもわかりません。

 

遠い病院の場合は電車はお勧めしません。

 

妊娠後期はお腹が張りやすくなっているため、
きつく張ってお腹が痛むようならすぐに降りるか座るようにしましょう。

 

 

妊娠マーク

おでかけ時や電車に乗る時につける?付けない?

 

 

最近ではいい意味でも悪い意味でも広く知れ渡ったマタニティーマーク

 

付ける派と付けない派がいますが、私は付ける派でした。

 

でも色々悪い噂も流れていた頃だったので
堂々と付けるというよりは、こそっと付けてました。

 

というのも、何かあった時に
自分は妊婦ですって周りに知ってもらうためにつけていました。

 

検診に行く場合などは母子手帳も持っているのでいいのですが、
ちょっとしたお出かけにわざわざ母子手帳持って行かないので、
そういう時にマタニティーマークを持っていると安心です。

 

 

まとめ

 

妊娠中でも体調のいい時の電車移動は何の問題もないですが、
やはり体調にも波があります。

 

妊娠初期は特に周りに気づかれないことの方が多いので、
マタニティーマークを持っているとよいでしょう。

 

後期になると周りは気づいてくれますが、
お腹が大きい分移動に体力を使います。

 

甘えられる時は甘えて席に座るのも大切です。

 

特に遠出の際は時間にも気持ちにも余裕を持って移動すると安心です。