子供が下痢をしているときのご飯はどうする?!

春夏秋冬関係なく襲われる胃腸炎…
子供が下痢をしている時の食事、どうされていますか?

 

下痢が続いて苦しそう…

でも食べないと体力が…

母親になると心配事が絶えませんよね。

 

たくさん食べて早く治ってほしい!

そう考えている親御さんは大半だと思います。

 

しかし、無理に食べたからといって治るものでもありません。

 

もちろん病院に行くことが先決ですが、
胃腸炎はお腹の風邪と呼ばれています。

 

薬を飲んですぐに回復するものでもありません。

 

水分補給をしながら、
様子を見るようにと言われることが多いでしょう。

 

それでも何とかしてあげたいと思うのが親心。

 

発熱した場合など、どうすればよいのでしょうか?

 

 

急な子供の発熱。ご飯は無理に食べさせなくていい

 

 

意外に思われるかもしれませんが、
食欲のないときは無理して食べさせなくてOKです。

 

熱でも食欲がある!という場合は、
もちろんしっかりと食べて栄養を取りましょう。

 

ただ、熱でぐったりしてしまうと、
食欲が落ちてくることが多いです。

 

つい心配になって栄養のあるものをと考えがちですが、無理は禁物!
食欲がないところに無理に入れる必要はありません。

 

無理矢理食べたところで、
下痢になってしまうこともあります。

 

できるだけお腹に負担のかからない食事を心がけましょう。

 

お粥やリンゴ、身体の暖まるスープやうどんもオススメです。

 

食欲がないお子さんも、
喉ごしのいいものなら食べたくなるかもしれません。

 

 

子供がご飯を食べれないときにおすすめの栄養補給方法

 

 

食事は無理をしなくてもいいと紹介しましたが、水分は必要です。

 

食事がある程度取れているのであれば、
水やお茶で水分を補いましょう。

 

食べられないときの栄養補給には、
スポーツドリンクや経口補水液を利用することがオススメです。

 

スポーツドリンクは甘さもあり、子供に飲みやすいものが多いです。

 

経口補水液は、スポーツ飲料と混同されがちですが飲みすぎはNG!

 

OS-1などの経口補水液とは、
ナトリウムなどの塩分を補うためのものです。

 

下痢で脱水症状を起こすときなどには、
病院で出されることもあります。

 

飲みすぎないよう、用法用量を守って使用しましょう。

 

熱があるといっても、
下痢をしている場合、冷たい飲み物は逆効果!

 

常温を心がけるようにすることで、
お腹への負担も軽減されます。

 

 

まとめ

 

子供が苦しそうにしていると、本当にかわいそうですよね。

 

下痢や発熱の伴う胃腸炎は、
よくある病気ですが辛いものです。

 

早く治そうとして治るものではないので、静養が大切です。

 

食事は無理に取らなくても、
水分だけは意識して取るようにしましょう。

 

下痢の場合は尚更水分が出ていってしまうので、
補給してあげてください。

 

病院なのか単なる下痢なのか、
病院での医師のアドバイスを聞いてみましょう。