日焼け後の肌ケアでおすすめな方法を伝授!

夏本番!

アウトドアには付き物の日焼けですが、対策はばっちりですか?

 

しかも日焼けは、夏にだけ限ったことではありません。

 

日焼け止めを塗っていても焼けてしまった…

こんなに焼けるなんて思っていなかった…

曇りだと思って疎かにしてたら…

そんなことありますよね。

 

楽しいバカンス、たくさん遊んで帰ってきたら肌がひりひり…

日焼け止め塗ってたはずなのに!

 

日に焼けた後は、服や布団で擦れて痛い…

ほてって眠れない…

 

そんな人にオススメな、日焼け後のケアをご紹介します!

 

 

日焼け後の肌のほてり対策やケアにはクールダウン!

 

 

日焼け後のほてった肌がヒリヒリすること、ありませんか?
どうにもならないと諦めず、きちんとケアをしてあげることが大切です。

 

そんな時はまず、冷やしてクールダウンしましょう!

 

日焼けは火傷と同じ炎症なので、いきなり処置できることはありません。

冷たいシャワーや保冷ジェルなど、ほてりが治まるまで冷やすことが鍵です。

 

氷を使う場合、直接触れると肌へのダメージが大きくなるので…
そんな時はタオルにくるんでダメージを減らしましょう。

 

とにもかくにも、まずは冷やすことです!

 

極端に氷を直接あてがうようなことは厳禁!

ダメージを負っている肌に負荷が大きすぎます。

 

あくまでも優しく、かつ効率的に行いましょう。

 

クールダウンするかしないかで、
その後の肌の調子も変わってきます。

 

 

日焼けで痛い場合の対処方法とは

 

 

服で擦れて肌が痛む、寝るときに布団で擦れて痛い…

そんな辛い経験がある人にはこれがオススメ!

 

冷やすことはもちろんですが、
日焼けした肌には保湿も大切なのです。

 

化粧水を塗った後、
日焼けに昔から使われているのはアロエクリームです。

 

ワセリンなども保湿には適しています。

 

ただし、あくまでも軽めの日焼けに対してです。

 

炎症を起こしている肌を落ち着かせるには、時間がかかります。

しかし何もしないより、ケアしてあげた方が断然良し!

 

肌は大きなダメージを受けているので、
優しくケアしてあげてください。

 

もちろん、あまりにも痛みがひどい場合は、
皮膚科に行きましょう。

 

 

最後に

 

アウトドア以外でも日焼け対策は必須となってきています。

 

夏でなくとも紫外線量は多いということを理解しておきましょう。

 

それでも、日焼け止めだけで防ぎきれないことはあります。

 

日に焼けた後はきちんとしたケアが大切です。

 

肌に負担をかけすぎないよう、
タオルやシャワーで優しく冷やします。

 

その後、保湿を心がけることまで忘れずに行いましょう。

 

きちんとケアをしてあげることで、
日焼け後の肌は格段によくなります。