ハロウィンの飾りつけどうしてる?玄関におすすめの飾りつけ♪

毎年暑い夏が終わり秋が深まる10月31日にハロウィンは行われます。

 

その起源は古代ケルト人で始められたと言われ、
秋にその年の収穫を祝し、
物の怪などを追い散らすという意味を持っていました。

 

今では、アメリカ合衆国で民間で行われる催しとして広く行われています。

 

そのようなハロウィーンも、
近年日本でも毎年行われるようになってきました。

 

そこでこの記事では、
ハロウィーンの玄関の飾りつけや関連グッズについて
取り上げてみたいと思います。

 

 

ハロウィン気分を盛り上げる玄関の飾りつけ。
みんないつから準備する?

 

 

ハロウィンの飾りつけって何時からするんでしょうか?
皆さんご存知ですか?
実をいうと明確な決まりはありません。

 

とはいえ大体いつごろからするのか、人によって違いがあるのですが、
いくつかの型に分けることが出来そうです。

 

パターン1:

 

9月末或いは10月初頭

 

ハロウィン当日の1月前と言うのが一番多い標準的な時期です。
少しずつ飾りつけして行って
だんだん飾りつけを増やしていって盛り上げていく感じです。

 

ハロウィン1週間前頃から
本格的に飾りつけをするというパターンが多いようです。

 

パターン2:

 

9月初頭

 

長くハロウィンを楽しみたい人はこのパターンです。
因みに東京ディズニーランドは
9月8日頃からハロウィンの催しが始まるそうで、
その時期に合わせるる人もいるようです。

 

パターン3:

 

十五夜以後

 

陰暦8月15日の夜は中秋の名月の日で、十五夜です。

 

十五夜の後にハロウィンの飾りつけを行う人もいるようです。

 

十五夜は毎年日にちが変わりますが
大体9月中旬から10月上旬になります。

 

何時まで飾りつけをするのか
殆どの人は11月1日に片づけるようです。

 

お祭り気分が終わったら、さっと片付けるのがだらしなく見えず、
締りがよく見られるようです。

 

東京ディズニーランドも11月1日には、
一斉に飾りつけを取り去って片付けてしますそうですよ。

 

 

玄関をハロウィンに★
飾りつけは100均で調達できる♪

 

 

ハロウィンの飾りつけで必須のキャラクターは、
かぼちゃ、魔女、お化け、こうもり、クモの巣とクモ、ネコ、三日月、などです。

 

そして、その色はオレンジと黒を基調にします。

 

特に、かぼちゃのお化けはオレンジ色のジャック・オー・ランタンと言う名前で、
巨大なかぼちゃの中をくりぬいて中にろうそくを入れて、
ランタンにするあのオレンジ色の物体です。

 

他にも吸血鬼、狼男、フランケンシュタイン。ゾンビ、ミイラ男、骸骨、
スケアクロウ(かかし)、死神、邪悪な道化師、一つ目巨人など、
西洋でおなじみの怪物が有名なキャラクターアイテムです。

 

ハロウィンと言えば、
上記のようなキャラクターアイテムで家を飾り付けることの他に
仮装してその姿を見せ合うのも楽しみの一つになっています。

 

また、西洋の怪物のみならず、
日本のアニメキャラクターや人気キャラクターの仮装を
楽しむ人たちも大勢います。

例えばアニメワンピーズのキャラクター、ルフィーやゾロ、
セーラームーン、プリキュア、スーパーマリオなど、様々です。

 

これらのキャラクターアイテムを揃えるのは、
費用が嵩んで大変だと思いになるかもしれません。

 

コスプレ衣装なども結構な額になるものもあります。

 

実はハロウィンのキャラクターアイテムは100円ショップで広く扱われており、
100円ショップなので、費用を抑えて購入することも可能なのです。

 

もちろん、少々お金を出せばそれなりの品を手にすることは可能です。

 

しかし年に1度しか使わないなら、費用を抑えたいと考える人も多くいはずです。

 

そういった人たちのために実際どのようなアイテムがあるのか簡単に見てみると、
大きく分けて、部屋の飾りつけとコスチュームに分かれそうです。

 

部屋の飾りつけでは、
ハロウィンのキャラクターを模したプレートや
折りたたまれたかぼちゃの提灯、
天井にぶら下げるアイテム、シール、
ハロウィンキャラクターの置物など沢山用意されています。

 

コスチューム関連ではハロウィン用帽子、カチューシャ、
パーティー用かつらなど様々なキャラクターで売り出されています。

 

その他に、お菓子やプレゼントを入れる袋や、ハロウィン用の紙コップ、
パーティー用のコップやお皿などがあります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
ハロウィンについてその謂われから始まり、
関連グッズの紹介まで簡単に見てきましたが、
この記事の読者の皆様はどの様に感じられましたか?

 

ハロウィンについてまだあまりよく知らない方も多くいらっしゃることでしょう。

 

あるいはもうすでに毎年ハロウィンパーティーを
やっているという方もおられると思います。

 

クリスマスと同じように
海外(とりわけアメリカ)から入ってきたお祭りではありますが、
特にお子様がいらっしゃるご家庭ではお子様のために、
1度ハロウィンパーティーを楽しんでみるというのはいかがでしょう?