お中元っていつまでに送るのが正解?はじめてのお中元マナー

梅雨明け、梅雨が明ければ暑―い夏が待っています。
夏になると夏バテで体調を崩しがちになるのではありませんか?

 

そんな時、親戚や知り合い、会社の人達からお中元が送られてくると、
美味しいものなどで心も体も夏バテが吹っ飛んでいくのではないですか?

 

お中元ありがたいですね。

 

ところでそんなお中元のマナー、皆さんはきちんと守って贈れていますか?
今回は、そんなお中元を贈る際の知識を皆さんに付けてもらうことにしましょう。

 

 

お中元っていつ贈るのがいいの?

 

 

お中元とは、お盆に送る挨拶として、日頃の感謝を込めてと、
贈るものでこの猛暑の夏を乗り切ってもらうために
と言う思いが込められています。

 

そして、本題ですが、お中元は、
7月初旬から10日までの間に相手側に到着すると良いとされています。

 

もともと、お中元には昔の中国にある祭事で
1月15日の「上元」、
7月15日の「中元」、
12月15日の「下元」の三元のうちで7月の中元が、
昔の日本の風習と、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)とが重なったことから
お中元を贈る事が盛んに行われるようになったようです。

 

 

お中元の「のし」の意味は?名前の書き方について

 

のしとは?

 

のしとは、祝儀袋などにかかれている右上にある飾りの事をいいます。

 

のしのところにある、長細く黄色いものを「のしあわび」といいます。

 

そして、あわびは不老長寿の薬とする長寿をもたらす食べ物で、
古来から縁起物とされていて、お祝い事にはかかせないものでした。

 

このあわびが簡略化されたものが、この長く黄色い紙になります。

 

お中元の正しいのしの書き方とは?

 

■個人名で贈る時

 

姓名を書くフルネームが一般的になります。

目下の人に贈る時には姓のみでも問題ありません。
覚えておいてくださいね。

 

□連名で贈る時

 

右側が「目上」、左側が「目下」とこの様に名前を書いてください。
連名で書けるのは3名までですので覚えておくようにしましょう。

 

■代表者の名前だけ書く時

 

連名は3名までしか書けないので、それ以上の人数になるような時には、
代表者の名前を中央に書いて、左下に「他一同」と並べて書くといいでしょう。

 

代表者以外の名前に関しては、中包みに書くようにすれば問題ありません。

 

□会社の名前を書く時

 

名前の右側に小さめの会社名を書き添えるようにしましょう。

 

基本的にはこの4パターンです。
基本は水引の下にど真ん中で名前をフルネームで書くと言う事です!

 

 

意外と知らない?!
お中元ののしにつける蝶結びの種類と意味

 

 

水引はご祝儀や香典などの、お金などを包んだ袋や、
菓子折り、お中元、お歳暮などに結ぶ飾り紐になりますが、
結び方や色によって、意味や使い方が変わってくるわけです。

 

そんな水引の中でも、様々なお祝い事に使うことが出来るのが、
水引の世界では、オールラウダ―的な存在であるのが紅白の蝶結びです。

 

蝶結び以外にも、結び方には、色々な種類と意味があります。

 

■蝶結び

 

蝶結びは、読んで字のごとく、
水引と水引を蝶結びしている様になっています。

 

形から花結びともいいます。

 

意味合いとしては、結び方が何度でも結びなおせることから、
何度でも繰り返してもいいという事柄に用います。

 

「お祝い事=何度でも繰り返したい」と言う風になります。

 

ですから、蝶結びを仏事で使うことはありません。

 

□結びきり

 

外見は蝶結びに似ていますが、
水引同士をぎゅっと堅く結んだ形になっています。

 

真結びとも言ったりします。

 

意味としては、結びが簡単にほどけないで、一度だけであってほしい。
二度と繰り返さない時に使われます。

 

結びきりはお祝いや弔事先般で使われますが、
事柄で水引の向きが変わるので要注意です。

 

それ以外にも、水引の本数も変わってきます。

 

■あわじ結び

 

あわじ結びは、弔事、慶事のどちらにも使えて結びきりに見た目が似ています。

 

真ん中が二つの輪っかで、両側を引っ張ることで強くぎゅっと結ばれるので、
意味合いとしては、末永くお付き合いしたいといったことになります。

 

私の居る地域にはあまり使用していませんが、
場所によってはよく知られているようです。

 

若い時には、結び方の意味も解らず恥ずかしい思いをしました。

 

この形にどのような意味があるのか理解できれば、
結びきりと蝶結びを使い分けることが出来る様になりました。

 

 

まとめ

 

「お中元っていつ贈るのがいいの?」
「お中元の「のし」の意味は?名前の書き方について」
「意外と知らない?!お中元ののしにつける蝶結びの種類と意味」について、
取り上げてきましたが、いかがでしたか?

 

のしにも、蝶結びにもちゃんと意味があったのですね。

 

私も、これから、お中元を贈る際には、以上の事を念頭において、
しっかりと相手の方に思いを込めてお中元を贈るようにしたいと思います。

 

相手の方が喜んでくれるお中元を送れるといいですね。

 

ちなみに、水引の結び方はお中元の場合、
蝶結びですから間違わないでください。