賢く節約!ガソリンを安く入れる方法を試してみた

営業マンにとって顧客を訪問する外回りは、
毎日行わなければならない大事な仕事です。

 

そして、そんな営業マンにとって不可欠なのが自動車です。

特に地方の営業マンにとって車はなくてはならないものです。

 

その車を動かすのに必要なのがガソリンです。

 

ハイブリッドとかEV(電気自動車)とか、
燃費が良くてガソリンの消費が少ない車が多数発売されていますが、
それでもガソリンにかかる費用はばかになりません。

 

そして、ガソリン代は、立替なければならないことが多く、
常に現金の残高を気にしなければならないのは悩みのタネです。

 

営業には”お付き合い”のための出費もありますから。

 

少しでもガソリン代を少なくして、
手元のキャッシュを維持するための方法を紹介しましょう。

 

 

現金不要でガソリンを安く入れる!出来る営業マンの知恵

 

 

一昔前、ガソリンを一番安く入れる方法は、現金払いでした。

 

その後、それぞれのガソリンが、顧客の囲い込みのために、
店独自のカード(ポイントカードみたいなもの)を発行し、
それを使った会員割引が安く入れる方法になりました。

 

さらに進んで、プリペイドカードを使うのが、
ガソリンを安く入れる方法になりました。

 

現金を用意する必要がなくなったのと
現金より数円安い単価でガソリンを入れられるのは便利ですが、
使用できるガソリンスタンドが限られてきますよね。

 

いまでは、各石油元受け会社やクレジットカード会社が
発行するクレジットカードを使うのが、
ガソリンを安く入れる方法になりました。

 

ガソリンを入れて貯まったポイントでお買い物をしたり、
キャッシュバックを受けたり、各社がいろいろな特典を用意しています。

 

このようなサービスを上手に活用すれば、
トータルで安くガソリンを入れることができます。

 

もう一つのポイントは、セルフのガソリンスタンドを使用することです。

 

ガソリンスタンドには、店員が給油してくれるフルサービスの店と、
自分で給油するセルフサービスの店があります。

 

概ね、人件費のかからないセルフサービスの店の方が、
安く入れることができます。

 

 

ガソリンが安くなるお得なクレジットカード比較

 

ガソリンをお得に入れられるカードを全て紹介するのは、種類が多くてムリです。
ここでは、代表的なものを紹介します。

 

 

出光カード・まいどプラス

 

年会費は永年無料です。いつでもガソリン・軽油が2円L値引き、灯油が1円/L値引きが適用されます。その他にも三井アウトレットパークのクーポンやカラオケシダックス20%OFFなどの優待があります。

 

 

コスモ・ザ・カード・オーパス




コスモ石油の提携カードでイオンクレジットサービス株式会社が発行しています。

 

イオンカードの特典が付いています。

 

コスモ石油で給油して
イオングループのショッピングでポイントを貯めることが出来るカードです。

 

残念ながら、コスモ石油での会員価格は、
各ガソリンスタンドで決定されるので統一した割引価格がありません。

 

 

ENEOSカード

 

ENEOSカードは3種類あります。

 

  • ENEOSカードC
    割引率は購入額でことなります。
    最高は、月7万円以上なら7円引き。
    最低は月1万円未満なら1円引きです。
    年会費は初年度無料ですが2年目からは1,250円+税が必要です。
  • ENEOSカードP
    常に3%還元です。
    年会費は初年度無料ですが2年目からは1,250円+税が必要です。
  • ENEOSカードS
    常に2円引きです。
    年会費は初年度無料で2年目からは1,250円+税が必要なのは他の2種と同じです。
    ですが、年1回利用することで年会費無料となるのが違いです。

 

 

一般のユーザーのガソリン購入代は月に1~2万円と言われています。
これならSが使いやすいと思います。

 

 

まとめ

 

代表的なカードを紹介してみました。

 

どのカードを持つの?との疑問に対しては、
一番よく使うガソリンスタンドのカードを作るのが基本になると思います。

 

どのカードも使うことでポイントやキャッシュバックが付きますから、
使わなければ特典は受けられませんものね。

 

また、エコに配慮した運転を心掛けましょう。

 

ガソリンが安く入れられても、使う量が増えては元も子もありませんからね。