アキレス腱断裂後のリハビリ ストレッチングボードでふくらはぎを伸ばす

 

アキレス腱断裂し、手術後はアキレス腱を固定されていたため
アキレス腱のみならず、ふくらはぎも固まっています。

 

そんなふくらはぎやアキレス腱のストレッチに役立つのが、
ストレッチングボードを使ったリハビリになります。

 

手術後は、タオルを使ってのストレッチ(やり方はこちら)でしたが、
装具を外した後は、筋肉の衰えを回復させるリハビリと併用し
このストレッチを行います。

 

 

ストレッチングボードを使ったリハビリ方法

 

家で行う場合は、ストレッチングボードを用意します。

 

ストレッチングボードの上に乗ります。

 

 

角度を、ボードの上に、腰を曲げること無く(屁っ放り腰にならないように)
まっすぐに立てるようにします。

 

最初のうちは、ほぼ平坦な感じから、無理なく行うとよいでしょう。
痛いと感じるような角度は、厳禁です。

 

衰えた筋肉が回復していない初期のころは、
転ばぬようにテーブルや椅子などを支えにすると安全です。

 

これを大体5分くらい続けます。

 

筋肉が温まって動きやすい風呂上がりに行うと効果的です。

 

このリハビリを日々行っていると、
徐々にストレッチ効果が出てきて楽になります。

 

そうなったら、少しずつ角度を上げていきます。
目安は、アキレス腱がきれていない方の足と
同じ程度の負荷を感じる所までリハビリを続けます。

 

それ以上の角度は、リハビリと言うよりも、
両足の更なるストレッチと言うことになります。

 

 

その他のリハビリ運動、マッサージの記事:

タオルでストレット

ゴムチューブを使った筋トレ

タオル引き寄せ運動