十五夜のお月見の「十五」って何?その意味と由来

長い長い暑い暑い夏がやっと終わりに近づき、
もう少し経つと秋がやってきます!

 

今回取り上げようとしている十五夜ですが、
私は満月の日にお月見しながら月見饅頭を食べるイメージしか出来ない

 

十五夜とお月見皆さんは、十五夜と言えばどんなイメージが?

 

そんないまいち十五夜の意味が解らないあなたに今回は、
「十五夜やお月見の意味や由来」
「2018年十五夜の日程」などをお届けしたいと思います。

 

 

十五夜って何!?十五夜のお月見の由来

 

 

十五夜とは?

 

「十五夜」、それは、本来満月を指すことで、
1年に12回の満月があります(閏年は13回)。

 

満ち欠けを繰り返す月は、新月になってから満月になっていくまで、
およそ15日の時間がかかります。

 

この事から、満月の事を「十五夜」と呼ぶようになりました。

 

そして、その「満ち欠けを繰り返す月の様子」や
「作物が月が満ち欠けすることによって育つ」ことから、

 

  • 農作物の収穫
  • 物事が結実すること
  • 祖先とのつながり

 

などを連想することで、
それぞれのことに感謝をしてお祈りするようになっていきました。

 

旧暦は、日付は月の満ち欠けによって決めていたことから、
十五夜(中秋の名月)は、旧暦から8月15日の満月になります。

 

なお、旧暦の8月15日の満月は、
1年の中で最も美しく明るいと言われる満月が
見られることから中秋の名月と言われ、
十五夜と言えば中秋である満月のことを指すのです。

 

そして、中秋とは、旧暦で秋は、7月~9月になるため、
その真ん中の日の旧暦の8月15日であることからそう呼ばれています。

 

お月見の由来とは?

 

お月見を簡単に説明するとするならば

 

  • 月に感謝の気持ちを表す
  • 農作物が豊作である様に、収穫できたことの感謝
  • 月を眺めたり、愛でる

 

これが合わさったことからきています。

 

これでは、まだ分かりづらいので、もう少し掘り下げてみましょう。

 

・月に感謝の気持ちを表す

 

農作物を収穫した時に、夜遅くまで作業がかかる時がありました。

 

そして、電気が無かった昔の時代には、
月明かりが農作業の手助けとなっていました。

 

このことから、月に感謝を捧げるようになったのです。

 

・農作物がほうさくである様に、収穫できたことの感謝

 

秋には、いろいろな農作物が収穫できる時期です。

 

お米もその中に含まれていますが、
昔の時代は、日本人にとってお米の出来る出来ないはとても重要なことでした。

 

今の時代でも、ある地域では、田植えが終わったらお祝いとして、
御馳走を食べる習慣があるほどですが。

 

このことからも、お米を含めた農作物の豊作を祈願したり、
何事もなく収穫が出来たものには感謝を捧げる。

 

それらの儀式があったことがお月見の風習に繋がったとも言われます。

 

・月を眺めたり、愛でる習慣

 

昔から、日本の人々には、月を楽しく眺める習慣があり、
昔の和歌などの中に「月」の事が
よく読まれていたことからも分かって頂けると思います。

 

秋に見える月は、一年の月の中でも最高に綺麗であると言われていることから、
このことがお月見に繋がっているのではないかとも考えられます。

 

 

今年はいつ!?2018年の十五夜の日程

 

 

今年、2018年の十五夜(中秋の名月)はいつごろになるのでしょうか?

 

このように思ってしまうのは、
十五夜って実は毎年かなりのばらつきがあるからだろうと考える訳です。

 

2016年は、9月15日だったのに対して、2017年は10月になってからなんですよ!

 

それから、2017年以降についてもだいぶんバラバラ乱れ飛んでいます(笑)

 

「どうしてこんな風に変わるの?」って、疑問に思いますよね。

 

なぜ、こんなに日付が違うのかと随分謎めいて見えますが、
実はこれ、旧暦と今の暦とでは、考え方が大きくずれているからなんです。

 

それ以外に、十五夜に満月にならない日も多く存在し、
少し、日にちがずれているなどもあります。

 

ちなみに、中秋の名月は旧暦で8月15日になりますが、
お月見の日は旧暦で行う行事になるので、

 

今使われている暦、現行の太陽暦によると
先ほども言った通りバラバラで毎年違う日になってしまい
一定になりません。

 

では、気になる十五夜(中秋の名月)のお月見の日についてじらしにじらして、
前置きをアレコレ挟みつつもついに発表したいと思います。

 

2018年の十五夜は、9月24日(月)この日になります。

 

しかし、2018年以降も調べましたが本当にその年によってバラバラですね。

 

2017年は10月4日でしたね。他にも…

2019年…9月13日
2020年…10月1日
2021年…9月21日
2022年…9月10日
2023年…9月29日

 

この様にバラバラで推移していきます。

 

見てみても9月の日や10月の日と変動します。

 

2~3日のずれならまだしも半月以上違いますからね。

 

 

まとめ

 

「十五夜って何!?十五夜のお月見の由来」
「今年はいつ!?2018年の十五夜の日程」
などご紹介してきましたがいかがでしたか?

 

十五夜って、農作物の豊作や収穫などについて、
お祈りする儀式的なものだったんですね。

 

今まで由来を知らずになんとなく風習に従って食べていた月見饅頭も、
由来や意味を知った今年、口にすると去年よりはもっと味わい深いものに
なるかもしれませんね。

 

十五夜を楽しみに待ちわびながら、美味しい月見饅頭を召し上がれますように!