熱中症で頭痛が治らない時の対処法とは?

暑くてたまらない、いやーな夏がすぐそこまで近づいています。

 

夏になると熱中症が怖いですよね。
水分補給を怠っていると、
てきめんに水分不足なのか私は頭が痛くなってしまします。

 

こんな時、私はその頭痛を治めるのについつい頭痛薬を飲んでしまいます。
でも、頭痛薬が効いているのか微妙な状態。

 

そもそも、熱中症の時の頭痛の対処法ってどうすればいいのでしょうか。

 

ということで今回は、
「頭痛は熱中症の症状?どうして起こる?」
「熱中症になった時にしてはいけない事とその対処法」
「熱中症にならないための予防対策!」について取り上げていきたいと思います。

 

 

頭痛は熱中症の症状?どうして起こる?

 

 

熱中症では、頭痛やだるさ、吐き気といった症状も現れます。

 

それに伴って体温も上がりますから、
熱と頭痛で風邪に間違われることもあるのです。

 

熱中症になると、どうして頭痛が症状としてでるのでしょうか?

 

それから、この熱中症の頭痛の症状を緩和するには、
どのようにすれば良いのでしょうか?

 

熱中症の状態になると、
体自体に熱がこもることによって体温が上がってしまいます。

 

そうなると、熱や脱水が原因となって、
血液中の炎症物質が増えてしまい、この炎症物質が体に危険信号を出します。

 

これが要因で、頭痛を起こしてしまいます。

 

すなわち、熱中症になると、体が炎症物質(危険信号)を出して、
頭痛が起きると言う流れになります。

 

脱水や熱が発生するのが頭痛の要因なので、
市販の頭痛薬を飲んでも、十分な効果を得ることはできません。

 

ですから、頭痛を伴う熱中症は、体をよく冷やして、
水分を補給してあげることが最良な治療になるのです。

 

熱中症の頭痛の症状で、特に注意してほしいこととしては、
強い熱中症を起こしている時で
低血圧になっている時に頭痛薬を飲んでしまうと、
さらに血圧が下がって危険な状態になるので十分に気をつけてください。

 

 

熱中症になった時にしてはいけない事とその対処法

 

 

熱中症に罹った人にやってはいけない事は?

 

・放置する

 

当たり前のことかもしれませんが、
意外と大丈夫だろうと放置してしまうことが多いんです。

 

熱中症は、風邪などのように体を治癒するための発熱とは異なり、
体が機能の異常を起こすことによって起こる体温上昇になるので、
放っておいても自然に治癒することはまずありえません。

 

もし、体に熱中症による発熱や脱水といった症状が現れたら、
すぐに処置することが求められます。

 

・冷たい水を飲ませる

 

熱中症になると、すぐに体温を下げることが有効と思いがちですが、
内臓が弱った状態で冷たい水を急に飲ませることで、体に負担をかけます。

 

そして、冷たい水では吸収が悪くなるので水分補給に不向きです。
できれば、常温の水で水分補給するのが望ましいでしょう。

 

・無理矢理水分を飲ませる

 

意識がない、また、自分で水分を補給できない状態で、
水分が不足しているからといって無理矢理水分を飲ませると、
気管に入って誤飲を起こす可能性があるので危険です。

 

第一に、意識があることを確認して
水分補給できる状態であるか見極めましょう。

 

・冷房の効かし過ぎ

 

熱中症で体に熱を持っている状態なので、
できるだけ涼しい環境で安静にするのは大事です。

 

しかし、体を震えてしまうくらいに冷やすのはいけません。

 

震えがきているという事は、
体が体温を上げようとする動作になります。

 

せっかく体温を下げてもこれでは、逆効果です。
体温が下がり始めたら、震えに注意して体温上昇を防ぎましょう。

 

 

熱中症に罹った時の対処法

 

・涼しい場所へ避難する

 

日陰や風通しの場所へクーラーの程よく効いている室内がいいでしょう。

 

・服を脱がせてとにかく冷やす

 

服を脱がせることで、体から熱を逃がします。

 

裸の体に水をかけ、うちわや扇風機などで扇ぎます。

氷のうなどで、首筋、脇の下、
大腿の付け根、股関節あたりを冷やすのも有効です。

 

・水分と塩分の補給をする

 

冷たい飲み物はよくありません。

 

汗を大量にかいている時には、
経口補水液やスポーツドリンクが最適です。

 

他にも食塩水(1リットルに1〜2gの食塩)もいいでしょう。

 

意識がない場合は、
上記でも言いましたが無理に飲ませないでください。
気道に流れ込んで危険な状態になります。

 

・医療機関に任せる

 

意識がなく、自分で水分補給できない時には、
緊急で医療機関に任せる搬送する必要があります。

 

 

熱中症にならないための予防対策!

 

・暑さを避けましょう

 

野外では、日陰を歩くようにしましょう。

 

室内では、カーテン、すだれなどで
日差しを防いで、風通しをよくしましょう。

 

エアコンをうまく活用して、
冷やし過ぎは体に負担がかかるので注意しましょう。

 

・服装の工夫を

 

熱を吸収しにくい色の服にする、首回りや襟元を緩めて風通しよくする、
下着には吸水性の優れた素材を選びましょう。

 

・水分をこまめに取りましょう

 

のどの渇きを感じる前に水分を補給することが重要です。

 

水分補給は、
体温を調節する自律神経の働きが悪くなることを防いでくれます。

 

冷やし過ぎの水を飲むと体によくありません。気をつけてください。

 

ただし、少し冷たいくらいの水は
胃腸の働きを良くして吸収を促すので効果的です。

 

 

まとめ

 

「熱中症の頭痛について」や、「熱中症でしてはいけない事、対処法」
「熱中症の予防対策」などを見てきましたが、いかがでしたか?

 

熱中症が要因の頭痛に関しては、頭痛薬で対処しようとしても、
あまり効果が得られないようですね。

 

やっぱり王道の熱中症には水分補給をするしかないようです。

 

みなさんも、熱中症で頭痛になったら迷わず水分補給で対処してください。

 

他にも様々な対処法を載せたと思いますので参考にしてくださいね。

 

今年の夏は経口補水液で乾杯!