• 子育て
歯が生えてきた!赤ちゃんの歯磨きっていつからやるのが正解?

早い子だと5,6か月で生えてくる歯。
ちっちゃくてとっても可愛いですよね~!

 

わざと指を噛んでもらったり歯固めを噛ませてみたり嬉しい成長です。
でも歯が生えてきたということは…歯磨きが始まります!

 

このころになると少しずつ離乳食が始まるので
歯に歯垢や食べかすが残ります。

 

産まれた時は虫歯菌はいませんが、親などからもらうことがあり、
さらに子供の歯は大人の歯よりも虫歯の進行が速いのです。

 

なので赤ちゃんには虫歯いない~なんて油断は禁物です。

赤ちゃんの可愛い歯が見えてきたら歯磨きを始めてあげましょう~。
虫歯が出来にくい歯を作ってあげるのも親の務めです。

 

 

パパも出来る♪
赤ちゃんの簡単歯磨きのやり方とおすすめアイテム

 

 

歯磨きは赤ちゃんとの素敵なコミュニケーションタイムでもあります。

 

苦手だと思うパパさんも多いですが、ぜひやってもらいましょう。

 

まだ歯磨きに慣れてない時、
いきなり歯ブラシを入れると嫌がったり泣く赤ちゃんもいます。

 

そんな時はまずガーゼで優しくふきふきしてあげて下さい。

 

最近では水なしでふくだけでOK!な歯磨きシートなんて便利なものもあります。

 

これは歯ブラシ慣れしていない赤ちゃんが嫌がる場合などにもいいですし、
パパも出来ちゃいます。

 

それに歯ブラシがない旅行などにも使えますよ。

 

うがいが出来ない頃はガーゼで最後拭きとるだけでいいのですが、
このシートだとガーゼもいらないので本当に簡単です。

 

歯ブラシも大人と違ってゴシゴシ磨くのではなく、
サッサッと軽く磨くだけで大丈夫です。

 

そして何より重要なのは痛くならないようにしてあげて下さい。

 

一度痛い!と思うと歯磨きを嫌がる場合があります。

 

赤ちゃんへの歯磨きは「優しく、楽しく、笑顔で!」を心掛けて下さい。

 

 

あなたは大丈夫?
赤ちゃんの歯磨きを無理やりやっていませんか?

 

 

歯磨きが慣れたころ、急に歯磨きなんて嫌ーーー!
と逃げ回るなんて聞いたことありませんか?

 

私の子供たちは歯磨き大好きですが、
友人の子供は毎回捕まえて無理やりしていました。

 

私も子供がいない時はそれが普通なのかーと思ってましたが、
これだと余計嫌がりますよね。

 

そもそも歯磨きを嫌がる原因は必ずあります。

 

自分の子供が歯磨きを嫌がるようでしたら、今一度思い返してみて下さい。

例えば、仕上げ磨きが痛い!歯磨き粉の味が嫌!など。

 

私の子供は仕上げ磨きで寝転ぶのが嫌だったようです。

 

仕上げ磨きは寝転んでもらった方が見やすくて磨きやすくていいのですが、
これが嫌だったみたいで立ったまま磨いてます。

 

もちろん磨きにくいですし、
大きな口開けてもらわないとだめですが今のところ虫歯なしです!

 

歯も綺麗だと言われたので、必ずしも寝転んでもらう必要はないでしょう。

 

それぞれの子に合った歯磨きの仕方を見つけてあげて下さい。

 

あとお勧めなのが、歯磨き後のタブレットです。

 

私はずっと「ハキラ」という商品のタブレットを
夜の歯磨きの後だけ与えていました。

 

 

味も何種類も出ているので子供はおやつ感覚とご褒美感覚で食べてました。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんのお世話は日々たくさんあって大変ですが、
歯磨きもコニュニケーションの一つです。

 

でもそんな気張らなくて大丈夫!

 

大人と違って時間をかける必要もないですし、
ゴシゴシ磨く必要もなし!

 

嫌がらないでくれれば1,2分で終わります。

 

歌を歌いながらだったり、
ママがスキンシップをとりながらパパが磨いてあげたりとか。

 

楽しめる方法は沢山あります。

 

天井に大好きなキャラクターの絵を貼ったりすると上を向いてくれたりします。

 

毎日綺麗に磨いて、虫歯が出来にくい丈夫な歯を作ってあげて下さいね。