長~い夏休み!子供たちの過ごし方の実態とは?

いよいよ、本格的な夏がやってきます!

 

夏と言えば夏休みですが、
小学生のお子さんたちはこの長い夏休みを、
いかがお過ごしになるのでしょうか?

 

夏休みの過ごし方の実態を見てみると、
小学校の低学年は学童に行くなどの答えが多いようです。

 

小学校の高学年になると個人の裁量でテレビを見たり、
屋外で遊ぶスポーツする、
テレビゲームや携帯のゲーム機で遊ぶなどが多いようです。

 

そんな夏休みの子供たちの過ごし方を
もっと楽しく身になるものにするために今回、

 

「夏休みにやらせたい♪子供が学べる体験型おすすめスポット3選」
「夏休み中に子供にできるようにさせたい家の仕事ランキング」

 

について紹介していきたいと思います。

 

 

夏休みにやらせたい♪子供が学べる体験型おすすめスポット3選

 

 

科学館や科学センター

 

プラネタリウムや参加型の体験学習がある科学館や科学センター。

 

宇宙やエネルギーなどをテーマに、参加型の展示物や実験などが充実し、
楽しんで宇宙や科学を体験しながら学ぶことが出来ます。

 

また、科学館や科学センターには
大きなドーム型のスクリーンに投影された美しい星空を堪能できる
プラネタリウムもあります。

 

好奇心旺盛な、小学生の子供にはもってこいです。親子で一緒にいかがですか?

 

お仕事体験が出来るテーマパーク

 

仕事が体験できるテーマパークに行って、
将来なりたい仕事を体験して良い思い出を作らせてあげるのはいかがですか?

 

仕事体験の中には、制服を着用したり、
仕事の後にお給料が出たり(施設で使えるお金)する仕事もあり、
仕事を疑似体験出来るでしょう。

 

このテーマパークは、同時に、社会について学べることが利点で、
よりリアルな仕事体験が出来る施設で、全天候型の施設になっていて、
入場制限があり、安心して子供が遊び学ぶことが出来ます。

 

子供向けの料理教室

 

とある場所で行われている食育プログラムがあります。

 

子供の「食の自立」や「五感の育成」をテーマに行っている
子供向けの料理教室になります。

 

体験を通して、「買い物から、食材選び、料理、後片付けを、
環境に配慮しつつ一人で出来る事」や料理の大切さを学べる場になっています。

 

 

夏休み中に子供にできるようにさせたい家の仕事ランキング

 

 

 

出来る様にさせたい家の仕事というよりは、
まずは子供にお手伝いをさせるところから考えてみたいと思います。

 

親御さんたちは、どの様な家の仕事を手伝ってもらえると助かりそうですか?

 

いきなり難しい事は出来ませんので、
まずは簡単なことからチャレンジさせていきましょう。

 

洗濯物をたたむ

 

これのお手伝いが一番親御さんにとっても助かるようです。

 

人気の理由としては「小学生の子供でも比較的簡単にできること、
失敗してもやり直せばいい、などがあります。

 

子供が洗濯のたたみ方を覚えれば、
折り紙感覚でできてお手伝いも楽しいでしょう。

 

食事の配膳

 

出来た料理をテーブルに並べるだけですが、
これだけでも、親御さんにとってはかなり助かるようです。

 

そして、理由としては、子供でも容易にできるというもの。

 

ですが、最初は、不注意で
食事などをこぼしてしまうこともあるかもしれません。

 

ですから、最初のうちは
食器やスプーンなどのみの配膳からさせてみるといいでしょう。

 

掃除

 

掃除する為には、子供にはおもちゃなどを整理、後片づけを覚えさせて、
毎日当たり前のように出来る様にしなければなりません。

 

それから、親御さんのお手伝いでお風呂掃除やトイレ掃除、
床掃除やトイレ掃除を覚えさせてお手伝いしてもらいましょう。

 

小学校の低学年では、きっちりは掃除ができないと思います。

 

最初のうちは簡単な床掃除からお手伝いさせましょう。

 

お掃除で、子供に衛生観念を付けるとともに、
お掃除で心を磨く教育にもなるのではないでしょうか。

 

料理

 

これは、小学生の子供には難易度が高いかもしれませんが、
これが出来れば、将来的に自立しても役に立つので
出来る様にさせたい家の仕事ですね。

 

最初は、米をといだり、野菜の皮むきなど、
出来る範囲で覚えさせるといいでしょう。

 

一人でお米を炊いてくれると、親御さんも助かりますかね。

 

まずはそこから初めて、それ以降は
根気よく優しく丁寧に子供に伝授していきましょう。

 

理想的には親御さんが仕事から帰って来たら、
「パパ、ママ、夕飯出来てるよ~!」になっててほしい!

 

それは、小学生には厳しいですかね。

 

整理整頓

 

玄関の靴を並べたり、本棚を整理整頓したり、食器を拭いて食器棚に並べたり、
子供が社会に出ればどこでも整理整頓は当たり前ですから、
しっかり覚えて欲しい家の仕事ですね。

 

 

まとめ

 

小学生の子供におすすめできる体験型のスポットや、
出来る様になって欲しい家のお仕事などをご紹介してきましたが、
いかがでしたか?

 

子供からすると、お友達と毎日遊ぶのも楽しいハズですが、
それ以外にも楽しみながらも学べるスポットがありますから、
親御さんと行くのも良し、子供の友達の親御さんを交えて行くのも良し、
ぜひ、長い夏休みを満喫させてあげてください。

 

家の仕事を出来るように子供にチャレンジさせるのもいいですが、
自己満足や無理に押し付けるのは辞めましょう。

 

「子供が自分で自発的にやるから学べることや楽しさがある!」

 

これが、いつか子供の自立につながるような
関わりの一環となれば嬉しいものですよね。