夏休みの一大イベント!子供の自由研究は親も楽しむチャンス!

夏休みの自由研究のテーマと言えば何でしょうか?

 

はい、昔から人気なのが貯金箱です。
貯金箱といえば固く重いイメージですよね。

 

使いたい!ってなったらハンマーとかで
ガンガンやって叩き割るのがセオリーな感じ。

 

ブタさん型の貯金箱がハンマーで叩き割られるのを想像したら
何かせつないですね。

 

もしかしたらわざとかわいいデザインにして
割るのを躊躇させる狙いがあるのかもしれませんね。

 

何か簡単に開いたら貯金箱の意味なさげですし。

 

残る夏休みもたった1週間…
まだ自由研究には何も手をつけてないもうダメだ…おしまいだ。

 

だが、ご安心なされよ1週間、
いや3日あれば自由研究なんて終わらせられます。

 

というわけで今回は・・・
夏休みの自由研究にピッタリな簡単に作れる貯金の作り方を紹介したいと思います。

 

 

夏休みの悩みの種「自由研究」。
子供ができる貯金箱アイディア

 

 

いくつか実際に作られた貯金箱アイディアをご紹介!

 

*からくり機能付き貯金箱

 

真ん中に鍵穴が付いている貯金箱で
見た目は何かゲームとかで出てくる宝箱のようなオシャレな見た目。

 

真ん中の鍵穴からして鍵を使って開けるのかと思ったらそれは間違い。

 

何と「貯金箱を振る」とロックされ、
もう一度「貯金箱を振る」とロックが解除されるという
何とも不思議な仕組みになっています。

もちろん作った本人は仕組みを把握できていますが。

 

実物を初めて見ただけでは
「なぜ開かないの!?」
「なんで閉まったりするの!?」と、
びっくりするに違いありません。

 

これにはクラスメイトや先生も驚きますね。

 

なにより外観がオシャレです!

 

主な材料は以下です
・牛乳パック
・トイレットペーパーの芯
・ペットボトルのキャップ
・ビー玉
・装飾用に折り紙など
これだけあれば簡単に作ることが出来ます。

 

*紙コップ貯金箱

 

紙コップとサインペンがさえあれば簡単に作れる
というまさに時間に優しいスピード重視の貯金箱。

 

夏休みが永遠に続くはずもなく、ひたすら遊びに遊びまくり、
ハッと気が付いたら夏休みも残り3日で終わってしまう。

 

こんな危機的事態に陥ってしまった時に、
シャレた貯金箱なんかイチから作ってたらとても始業式に間に合いません。

 

必要な材料は紙コップとサインペンのみ!

 

もはやどこの家庭にも必ずと言って良いほどあるものなので、
最悪の場合、夏休み最後の日の夜(始業式前夜)からでも焦らず作ることが出来ます。

 

とてもシンプルですが、人それぞれ顔の描き方や表情が違うはずなので、
友達とカブって全く同じ貯金箱を作ってしまった・・・
なんていう事態にはならないはずです。

 

お友達と一緒に作ったってことにして色んな表情のものを量産するのもいいですね。

 

ただのガラクタなんて言われないよう余裕があれば色を塗るのもありです。

 

*紙粘土貯金箱

 

軽くて丈夫な紙粘土を使った貯金箱

 

必要なもの
・紙粘土
・空き缶
・定規
・つまようじ
・500円玉(無くならないので安心を)
・好きな絵の具

 

一度作ってしまえば、とても強い衝撃を与えない限り
形が崩れることはありませんので安心!

 

普段絵の具や紙粘土に触っていない不器用な方は
作るのに5時間くらいは余裕でかかると思います。

 

さらに乾かす時間も含め作るなら
時間に余裕を持って計画的に取り組みましょう。

 

おすすめなのが紙粘土に絵の具を混ぜて練り込む作戦。
これで色ぬりと制作が同時に行えます。

 

路線を変更してペン立てに移行してもOKです!

 

どうしても貯金箱のアイディアが出ないって方は
市販の制作キットをお子さんに買ってあげましょう

 

費用も1000円以下で買えますので比較的リーズナブルです。
これでお子さんの夏休みの宿題を手伝えるなら安いものですよね。

 

 

自由研究のテーマで悩むお子さんへ。定番のテーマ〇選

 

 

自由研究何しようかな〜とついつい悩み、
結局何もできずに時間だけが過ぎていくことありません?

 

自由研究のテーマなんて簡単なことです。

 

ふと疑問に思ったことでも何でもいいですし、
工作でも、植物や昆虫の飼育でもいいんです。

 

なんせ「自由」なんですから!

 

それでは簡単なテーマをご紹介。

 

振るだけでできる手作りバター

 

  1. ペットボトルに生クリームまたは牛乳を入れてフタをしっかりしめる
  2. おもいきり振る。ひたすら振る。
    体温でペットボトルが温まらないよう、時々氷水で冷やしながら振る
  3. 固まってきたら、ペットボトルを切ってバターを取り出す

 

「バターってこうやってできるんだ!」と、低学年の子なら思うでしょう。

 

温泉玉子実験 普通のゆで卵と何が違う

 

  1. 卵は前日に冷蔵庫から出し、常温に戻しておく(腐らせないように)
  2. 容器にお湯を入れて温度計を見ながら温度を水で調整する
    (65・75・85・95度と温度を変えて実験)
  3. 20分ほど置いたら卵を割り、中身を観察する

 

温泉玉子の作り方って意外とわかりませんよね。

ただ茹でるだけとは違うというのがわかるテーマです。

 

 

いかがでしたか?

 

ちょっとした疑問から始まるのが自由研究というものです。

 

「なぜこれは〇〇で××なのか?」と、
子供の自由な発想や疑問を試そうとしているのが自由研究の狙いともいえます。

 

それでも浮かばないなら工作、料理など範囲は広いです。

 

親御さんも悩めるお子さんのサポートをしてあげてくださいね。

それでは良い夏休みライフをヽ(*^ω^*)ノ