できる嫁のためのお中元マナー。お返しはいつまで?

夏の元気なご挨拶でおなじみ、
最近じゃ知る人しかやってないお中元!

 

いきなり知り合いからお中元を貰ったら
お返しはするべきなのでしょうか?

 

お返しの金額はどのくらいなのか?というかやっぱりハムがいいのか?

 

できる嫁さんであるためには
お中元マナーはぜひとも知っておきたいですね。

 

お付き合いのある方、
お世話になった方から贈られてくるお中元は、
夏の元気なご挨拶であるのと同時に

あなたに対する感謝の気持ちでもあるのです。

 

ちゃんとしたお返しのマナーを知り、
贈ってくれた相手の気持ちに応えてあげましょうね。

 

そもそも、今までに贈っていない相手から、
いきなりお中元をいただいたらどうすればいいのでしょうか?

 

これには多くの意見やマナーがあり賛否両論なのですが、
必ずしも贈り物・ギフトでお返しをしなければならない
というわけではありません。

 

忘れてはならないのが、お中元は
「夏の元気なご挨拶でお世話になった方々に贈る感謝の気持ち」
だということ。

 

なので、お中元を贈る元々の理由から贈られる側は、
特にお返しを強制的にしなければならないというわけではございません。

 

ですが、「お世話になってます!」の意味が、
若い知り合い同士などでも多く使用され、
「日頃の感謝をこめてあなたに贈り物!」という理由で、
お中元を贈るケースも増えてきたのです。

 

ですので、お中元のお返しは絶対にいらないとも言い切れない時のです。
時代の流れを痛感しますねぇ。

 

というわけで、
お返しをするにあたりマナーを色々と知っておいて損はないです。
お返しは相手の気持ちを考えることが大事!ご紹介していきましょう。

 

 

お中元を貰ったら?
お礼はメールではなくお手紙が喜ばれるワケ

 

 

お中元を貰ったら必ず出さないといけないのが、そう「お礼状」です!

 

このお礼状というのは堅苦しい挨拶などがびっしり書かれているのですが、
堅苦しい言葉が難しく、覚えることも難しいということからか。

 

パソコンのメール機能を利用しお礼状を作れば、
元々パソコンに堅苦しい挨拶の言葉が入っているので、
それをコピーし貼って、
あとはちょいちょいと文章を足せば短い時間でお礼状が作れちゃいます。

 

しかし、これは貰う側からすると、「あぁパソコンで打ったやつか…」と、
まぁ嫌な気持ちはしないものの、何か複雑な気分になっちゃいます。

 

ですが、手書きの手紙ならば
「なんか新鮮!」
「わざわざ書いてくれたのか!」と、
気持ちが相手に伝わると思います。

 

子供が親に手紙や絵を描いてくれると嬉しいですもんね、たとえ下手でも。

 

しかし手書きでも・・・

 

盛夏の候、(ますますご清栄のこととお喜び申しあげます)。
このたびは、まことに結構なお中元の品をお送りくださいまして、
厚く御礼申し上げます。
暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

 

と、言った固く切実な文章はキチンと書くようにしましょう。

 

自分の癖字を活かして堅苦しくも自分らしい文章を書きましょう。

 

 

お中元のお礼はがきは無地?イラスト入り?

 

 

「よし、お礼状は手書きのはがきで出そうかな!」と思ってはみたものの
どんなハガキがいいのか悩みません?

 

どこのご家庭も無地のはがきの1枚や2枚は取り揃えているものですが、
無地のはがきに文字だけ書いてるって何かいかにも見栄えが悪く寂しい感じがします。

 

懸賞に応募するはがきじゃないんだから…。

 

そうなると、
「無地じゃ何か寂しいから絵はがきとか
イラスト入りのはがきにしてみようかな!」と、
思ってはみたものの、
そのハガキの用途を改めて考えると難しいものがありますよね。

 

お礼状のはがきでイラスト入りはちょっと失礼かな。

 

ある季節の挨拶状としてなら、
季節感を出すためにイラスト入りはがきをぜひともチョイスするのですが、
お中元をいただいたことに対するお礼状のはがきとして使う場合、
「絵はがきやイラスト入りはがきでも大丈夫なのかなー?」と思っちゃいますよね。

 

さてさて、このお礼状は無地か?イラスト入りか?どっちにすればいいのか。

 

結論としては、
これはお礼を言う側がなんとなくイラスト入りはがきを使っちゃったというだけで、
ただの考えすぎ、神経質になり過ぎだというのが大半です。

 

大抵は無地のハガキよりも季節を感じさせる絵が入ったものや
可愛いイラストのついたはがきの方がもらう側としても嬉しいと感じるそうです。

 

やはり、無地じゃ味気なさすぎなんですね。

 

まぁ、お礼の言葉がびっしり書かれてた白地のはがき1枚が郵便桶に
ポツンと入ってあってもなんとなく寂しいというか、
より堅苦しい感じがしますよね。

 

ですので、お礼状に使うはがきは、
無地か絵はがきかイラスト入りかで迷うのではなく、

 

「どんなイラストだと雰囲気が良いかな?」
「どれが一番季節感が出てるかな?」

 

と楽しく迷うことをオススメします。

 

夏らしい季節感のあるハガキはもらうと嬉しいものですからね!

 

 

いかがでしたか?

 

お中元もそれに対するお礼状も気持ちが大事ということです。

 

日頃お世話になっている人にお礼がしたい!
でも、食事をご馳走させてと言っても断れられるし、
逆におごってもらったりと、というか、
それ以前に恥ずかしくて誘えない!って方もいますよね。

 

こちらからの感謝の気持ちは、
常に眠ったままで発散するタイミングがない!っていう時にお中元です!

 

送りつける!という言い方はちょっとあれですが、
相手からすると断りようがないですし
「やれやれ…まぁ受け取ってやるかぁ」と思ってくれるはずです。

 

それでは良いお中元ライフを(/・ω・)/