お父さんの出番です!夏休みの工作で男の子に人気のテーマ3選

もうすぐやってくる、長い長い子供さんの夏休み!

海に山にと連れてって、一緒にたくさんの思い出を作っておこうと
お考えのお父さんも多いことでしょう。

 

でも、子供さんが学校からお休みと一緒に持って帰ってくるものが・・・。

 

1学期間の成績表と大量の宿題!

 

毎年、夏休みの最終日には親子で泣きながら
なんとか仕上げるご家庭もあるかもしれません。

 

特に・・・夏休みの工作なんかは題材も何にしたらいいのか
どのレベルのものを仕上げたらいいのか悩みますよね?

 

そこで今回は、男の子に人気の工作について、
特に人気のテーマを3つ取り上げたいと思います。

 

 

家にある物で出来ちゃう夏休みの工作!●●でつくる簡単貯金箱

 

 

実際、いろいろ工夫をすれば材料費は極力抑えて工作が出来ます。

 

牛乳パック、空き缶、ペットボトル、
段ボールなど家にあるもので貯金箱が作れます。

 

特に手も混んでいないので、じっくり工作する時間がない方でも可能です。

 

小学生の夏休みの宿題で工作をするなら、
なるべく身近にあるものや家で余っていたりする材料で
作れるアイデアが良いでしょう。

 

リサイクルやエコにもなり、
思いのほか時間もかからず簡単に作ることができます。

 

ポイントとしては、

 

  • 小学生の工作は、簡単に短時間でもできるネタがおすすめ
  • 小学生の工作で簡単にできるテーマは、身近なものを選ぶのがポイント
  • 小学生の工作で簡単にできるアイデアは、家にある材料で作ることができる

 

というのが大事です。

 

短時間、身近、家にある材料という3つですね。

 

これを踏まえれば、思いつかないことはないと思います。

 

材料については最近は100均でも
色んなものが買えるようになってきているので、
足りないものはそこで買うようにしましょう。

 

今年は何を作る?夏休みの工作テーマ。迷ったら「キット」で簡単につくってアレンジする方法

 

 

キットで作ったりする場合は、一番アレンジとしていい方法は、
色を塗るもしくは、飾りつけをすることです。

 

色は絵の具なんかを使い、飾りつけにはシールや折り紙を使いましょう。

 

これらを考慮して、ぜひ作りたい人気のテーマ3選、

 

まずは人気のある、スノードームを紹介します!

 

「スノードーム」

 

用意するもの

 

  • フタ付きの瓶
  • スポンジ(中に入れるフィギュアの土台に使います)
  • フィギュア
  • スパンコール、ラメ、スノーパウダーなど(雪に見立てるものです)
  • 精製水
  • 液体洗剤(液体のりやグリセリンなど選び方の説明は後にあります)
  • 接着剤

 

作り方

 

  1. 瓶のフタの裏側に、フタに合わせたスポンジを貼り土台を作る
  2. (1)で作った土台の上にお好みのフィギュアを乗せる
  3. 泡立たないよう、瓶の中に精製水、液体のりなどを混ぜたものの順で入れていく
    精製水:液体のりは7:3くらいの割合ですが、お好みで変えても基本OK!
  4. スノーパウダーなど、雪になるものを入れる
  5. 液体の量を調整しながら、フィギュアを固定したフタで閉じる
  6. しっかりと閉めて固定し、ひっくり返せば完成

 

となります。簡単なのでぜひ作ってみてください。
記念にもなると思いますよ。

 

次はスライムの作り方を見てみましょう。

 

「スライム」

 

用意するもの

 

  • 洗濯糊(PVA配合)
  • 絵の具(食紅,蛍光マーカーペンでもOK!)
  • ほう砂
  • コーヒーカップ程度の大きさの入れ物1つ
  • わりばし
  • フィルムケース3つ

 

作り方

 

  1. フィルムケースに1杯の洗濯糊をいれる
  2. そこに1杯の水を入れ、絵の具(単色が良い)を溶かして色をつける
  3. 約8分目くらいまで水を入れ、その中にほう砂を少しずつ、
    よくかき混ぜながら溶けなくなるまで入れる
    目安は、ほう砂:水=1:10。ほう砂はぬるま湯で溶かすときれいに溶けます
  4. 用意した入れ物に(1)と(2)を入れわりばしでかき混ぜる
  5. 混ぜながら(3)を加え良くこねる。
    このとき混ざらずに余ったホウ砂水は捨てる
    捨てずにそのまま混ぜ続けるとベトベトになり失敗作になります

 

最後にこれも人気のゴム銃を見ていきましょう。

 

「ゴム銃」

 

用意するもの

  • 割り箸5本
  • 輪ゴム7本くらい
  • ハサミorカッター

 

作り方

 

  1. 割り箸を切る
    ・7:3に切断する(長い方は鉄砲の銃身に、短い方は銃口の先端に使用)
    ・5:5に切断する(1つはトリガー部分に1つは予備のため)
    ・5:5に切断する(銃のグリップと持ち手部分にそれぞれ使用)
    ・銃の本体に使用
    の様に切断します。
  2. 銃身部分を作る
    最初に「銃の銃身(本体部分)」を作ります。
    7:3に切断した長い方の割り箸を、5:5に切った割り箸ではさみ、
    輪ゴムで固定してください。そのあと、真ん中の割り箸を引っ張り出します。
    もし、引っ張り出すのが難しければ、
    最初に中央の割り箸を少しだけ出した状態で
    縛りつけておくと簡単に引っ張り出すことができます。
    次に、鉄砲の先端に7:3で切断した短い方の割り箸をくくり付けましょう。
    輪ゴムを交互に掛けるように固定すると楽にできます。
    ここが輪ゴムを引っ掛けて飛ばす部分となります。
  3. トリガー(引き金)を作る
    方法は5:5で切断した割り箸の1本を、銃本体に輪ゴムで固定してください。
    ここを適当にしてしまうと、
    撃つ時に「輪ゴムの弾」を引っ掛ける事ができません。
    ポイントはトリガーの下部分が
    銃の先端方向に斜めになるように取り付けること。
    輪ゴムをトリガー下部分に引っ掛けたあと、ぐるぐるに巻きつけると
    上手く固定できるのでやってみてください。
  4. グリップ(持ち手)を作る
    後は簡単!銃のグリップと持ち手部分をしっかりと固定すれば完成です!

 

 

どうですか?
どれも簡単にできて男の子が喜びそうな、工作を紹介しました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

工作も多種多様にありますので、
キットを使うもよし、家にあるもので作ってもよし、
100均で材料を買うもよしなので、
ぜひ自力で取り組んでみてください。

 

この工作も、夏休みの一つの思い出として残るようなものになるといいですね。