織姫と彦星の物語。伝説になった理由とは?

7月7日は何の日だかご存知ですか?
そう「七夕」です。

 

年に一度、この日にだけ離れ離れになった織姫と彦星が会える日とされており、
これに因んで笹の葉に短冊などの飾りをつけ、願いを掛ける…。

 

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

私が聞いた限りですと、離れ離れになった織姫と彦星の間には天の川があり、
それが年に一度だけ橋がかかって、そのかかった日だけ会うことが出来るとか、
そんな話だった気がします。

 

実は、日本以外でも世界中に類似した伝説があることはご存知でしょうか?

 

そういった数々の伝説がミックスされた話が自分に伝わっているという
可能性もあります。今回は七夕の由来の物語を見ていこうと思います。

 

色んな説を覗いて見て、もっと日本文化に親しくなってみませんか?

 

 

七夕の由来や物語を知って、日本文化を楽しもう!

 

 

日本で伝わっている話としては「天稚彦(アメノワカヒコ)物語」が挙げられます。

 

平安時代に作られた御伽草子に収録されているお話です。

 

長者の末娘と大蛇から美男子へと変わった天稚彦が結ばれ掛けるも、
鬼である末娘の父が二人の間に天の川を流し、
年に一度しか会えないことを余儀無くされてしまうというお話です。

 

娘の父親は鬼であり、
大蛇である天稚彦に人間の娘を嫁がせるのは納得していなかったようです。

 

そこで、二人を隔てた壁なるものが「天の川」です。

 

織姫と彦星、という名前は出てきませんが、
天稚彦や天の川から、今に伝わる七夕伝説の要素が何となく感じられる気がします。

 

次は中国で言い伝えられている伝説
牛郎織女(ギュロウシュクジョ)」の物語をご紹介します。

 

お互い勤勉であった織姫(織女)と彦星(牽牛)が結ばれるも、
次第に生活が怠惰になっていく有様を見かねた天帝が、
天の川を隔てて二人を離れ離れにします。

 

離れ離れになった二人は寂しさのあまりに嘆いていた為、
年に一度、7月7日だけ会うことを許可した…というお話です。

 

中国発祥のこの伝説が、日本にも広く伝わる伝説であると言われています。

 

織姫と彦星という名前もここで出てきましたからね。^^b

 

日本や中国だけでなく、フィンランドにも類似したお話が存在します。

 

仲睦まじい夫婦が死後、星になったものの星の距離が遠すぎて会えず、
会うために空に浮かんだ星屑を繰り返し集め続け、
最後に光の話を完成させたというとてもロマンチックなストーリー。

 

「天の川」に因んだ話だそうですが、
この話の場合は第三者が介入して邪魔をする、
と言ったようなハプニングもないようですね。

 

他にも世界中で類似した話がありますので、
気になった方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

七夕飾りにはどんな意味がある?飾りの種類と意味まとめ

 

 

七夕飾りをしたことはありますか?

 

その飾りごとにも意味は込められているようです。

 

まず一つ目にご紹介しますのは「吹き流し」です。

 

イメージとしては、開帳したくす玉をイメージしてもらえると
わかりやすいかと思います。

 

こちらは習い事の上達を願って作られたものなのだそうです。

 

次にご紹介しますのは「巾着」です。

 

その名の通り、長方形の横長財布をイメージしてもらえるとありがたいです。

 

これはお金が貯まるように、
節約がうまく行くように願いが込められて作られたのだそうです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

私は日本だけに存在する話だと思っていたので、
世界中に、しかもアジアじゃないところまで類似する話があるとは驚きでした。

 

飾りにも各々違う願いが込められているのも初めて知りました…!!

 

織姫と彦星伝説について、少しでもご理解いただければ幸いです。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。