• 生活術
結露防止のおすすめアイテムとは?サッシに水がたまらない方法

梅雨時期、冬場になると窓ガラスの結露が気になりますよね。

酷くなると窓についた水滴が床に垂れて濡らしてしまうこともあります。
濡れたままにしておくとカビが発生したりで厄介なことになります。

 

ではどうしたら結露を防げるのか?
まずは原因を知るところから始めましょう。

 

 

結露の原因と対策

 

 

結露がなぜ起こるのかというと外気温と室内の温度差にあります。
そして湿度も関係しています。

 

たとえていうなら氷水が入ったコップを置いておくと
コップの外側に水滴がつきます。

 

それは室内の湿った空気が氷水によって急激に冷やされて
水に戻ったものがコップに水滴となってつくのです。

 

それが結露と同じ原理です。

 

冬の外気に晒されたサッシはギンギンに冷えていきます。
そこに暖房で暖められて湿った空気が触れれば
冷やされて水滴となって窓に付着します。それが結露です。

 

ではどうしたら防げるのでしょうか?

 

簡単に言えば部屋を暖め過ぎないとか湿度を下げるなどです。
湿度も40〜50%なら結露にはならないそうです。

 

冬場の室内の乾燥は風邪を引きやすくするので、
あまり下げ過ぎもよくありません。

 

そうは言っても寒い時期に結露のために
暖房の温度を下げるとかはしたくないですよね?!

 

それ以外で結露対策を考えてみたいと思います。

 

  1. 新聞紙を使って結露を防ぐ。
    とても簡単な方法でどこの家にもだいたいあると思いますが、
    新聞紙で窓を拭くだけです。これだけで結露を防いでくれます。
    それだけではなく、ワックス効果もあるので窓もピカピカになります。
  2. 食器洗い洗剤を使って防ぐ。
    食器を洗う時に使う洗剤を使って結露対策します。
    まず洗剤を水で20倍くらいに薄めます。
    薄めた洗剤で窓全体を拭いていきます。
    最後に乾いたタオルなどで拭きあげます。
    食器洗い洗剤には界面活性剤という成分が含まれています。
    この成分は新聞紙の油と同じような効果で結露を防いでくれます。
  3. 換気をする。
    換気扇をまわす、窓を開けるなど湿った空気を逃して結露を防ぐ方法です。
    冬の寒い時に窓を開けるのは億劫ですが 暖房をつけた時はたまに換気をして空気の
    入れ替えをした方が良いので結露防止にもちょうど良いです。

 

どれも簡単にできる方法なので試してみる価値はあると思います。

 

 

梅雨の結露問題!対策シートって効果ある?

 

結露対策として、窓ガラスに貼って結露を防ぐシートがあります。
果たして本当に効果があるのでしょうか?

 

ホームセンター等に水で濡らして窓ガラスに貼り付ける断熱シートが
売っています。接着剤とは違って何度でも貼り直しができます。

 

実際に試した事例がありますので紹介します。

 

窓ガラスだけじゃなく窓枠までびっしょり濡れてしまう
家の結露対策として、断熱シートと断熱テープで対応してみました。

 

まず、ガラスについたホコリや汚れ水分などを拭き取ります。

 

窓枠に断熱テープを貼り付けます。
特に水が溜まりやすい下の方を重点的に貼れば
あとは多少のすき間があっても大丈夫です。

 

次にシートの方を窓の大きさにカットします。

 

窓ガラスに霧吹きで水をかけます。

 

そしてカットした断熱シートを
空気が入らないように綺麗に貼ります。
これで完成です。

 

シートも透明なので思ったより目立ちませんでした。

 

翌日 見てみると貼る前はガラスも窓枠もびしょ濡れで
床まで水滴が落ちていたのが
嘘のようにまったく水滴がついていませんでした。

 

シートとガラスの間に水分が溜まっている感じでした。

 

結露対策には断熱シートが役に立ちました。

 

 

結露対策のアイデア3選!今年こそ失敗しないアイテムとは

 

 

いろいろな結露対策の方法を紹介してきましたが、
シートだとうまく貼れなかったり
剥がれてきてしまったりということもありますので、
確実で簡単な方法を紹介したいと思います。

 

結露防止スプレー

 

窓にスプレーするだけで結露を防いでくれます。

 

スプレーすると透明な膜ができます。

 

その膜が結露を吸収して水滴が垂れるのを防いでくれるという優れものです。

 

1回スプレーすると1ヶ月保つものもあるそうです。

 

カーテンに吊るすタイプのフィルム

 

内側のカーテンレールに引っ掛けるだけのカーテンフィルムです。

 

カーテン程の長さがあるので、外からの冷気を遮断するとともに、
室内の暖かさも逃さないので朝まで快適に過ごせます。

 

そして外気と室内の温度差がなくなることにより結露を防いでくれます。

 

スクイジとタオルを使った結露対策

 

少し面倒かもしれませんが確実に水滴が取れる方法として、
窓の水滴を取るのに使うスクイジを使います。

 

タオルは仕上げにマイクロファイバータオルを使うと良いです。

 

やり方は窓の桟の部分に水分を吸収するためのタオルを敷いておきます。
上から下もしくは左から右に水分を取るようにスクイジを引きます。

 

最後にマイクロファイバータオルで窓に残った水滴を取ります。

 

ホコリや黒ずみも一緒に取ってくれます。

 

忘れずに桟に溜まった水分も拭き取ります。

 

 

まとめ

 

結露対策の方法を紹介してきましたが、
注意点として結露防止シートは確かに効果はあります。

 

しかしシートと窓の間に水分が溜まるので、
長くそのままにしてしまうとカビが発生することがあります。

 

水で貼るタイプなので剥がすのも簡単ですから
水分がかなり溜まったなぁと思ったら取り替えた方が良いでしょう。

 

洗剤で窓を拭くというのはかなり効果があるようです。

 

こちらも窓ガラスは中性洗剤をつけて拭いて、
窓枠はアルコールやエタノールを含ませたタオルで拭くと
カビ防止になります。

 

是非 試してみてください。