雨の日でも原付バイクで仕事という方必見!便利なカッパをご紹介!

雨の日の通勤は大変ですよね。

 

特に原付やバイクで通勤の方は、カッパは必須です。

 

でも安物のカッパだと、雨水が侵入してきたり、
中が蒸れたり、風でばたついたりと、
なかなか思うようにいかず、嫌になってしまいますね。

 

今回はそんなあなたに、
雨の日が楽しくなるような便利なカッパを
ご紹介していきたいと思います!

 

 

雨をしのげ!バイク用のカッパはココが凄い?

 

 

バイク用のカッパは普通のカッパとは違い、
バイクの乗って走ることを想定していますので、様々な機能が付いています。

 

ベンチレーション

 

バイクでの走行中、前からの風によって、
服の後ろ側が膨らんで抵抗になってしまいます。

 

台風のような強風の時は、バランスを崩して転倒するなど、
かなり危険なことになります。

 

これを防ぐ為、バイク用のカッパには
背中などの部分に風を抜くための「ベンチレーション」がついています。

 

ばたつき防止のベルト・コード・マジックテープ

 

ベンチレーションと同じく、
風で服がばたつくのを防ぐ為、
ベルトやコード、マジックテープのような
いわゆる「アジャスター」が付いています。

 

内側がメッシュ生地

 

雨の日は湿度が高いですので、
内部で蒸れて不快になりがちです。

 

そのため、内側の生地がメッシュになっていて、
不快感を軽減できるものもあります。

 

二重構造のフロントジッパー

 

雨の勢いが凄い時は少しの隙間からも雨が侵入しがちです。

 

それを防ぐ為、前のジッパーが二重構造になっているものが多いです。

 

リフレクター(反射板)

 

大雨の夜は特に視界が悪く、
バイクに乗る方は後続車が気になりますよね。

 

バイク用のカッパは背中側に光を反射する
リフレクター(反射板)が付いており、
後続車が気づきやすいようになっています。

 

防寒機能

 

雨の日は雨と風で寒くなりがちです。

 

バイク用のカッパは防風性能が高い為、
寒い時には防寒具としても役立ちます。

 

 

バイク用のカッパを選ぶ際のポイントとおすすめのカッパ!

 

 

バイク用のカッパでまず重要なのは、「水を通しにくい」ことです。

 

それを表すのが「耐水圧」という数値で、
この数値が高ければ高いほど水を通しにくいです。

 

この数値が、「10,000mm/㎠」を超えていれば、
バイクでの使用に適している、ということになります。

 

次に重要なのは「透湿性」です。

 

この数値は「蒸れにくさ」を表しており、
この数値が高ければ高いほど蒸れにくいということになります。

 

この数値は、「4500g/㎡/24h」以上であれば、
バイクで使用するのに適しています。

 

「耐水圧」と「透湿性」、
この二つを満たした、おすすめのカッパを紹介します。

 

ゴールドウイン Gベクター2コンパクトレインスーツ

 

ゴールドウイン製品はしっかりした性能の商品が多いことで有名です。
耐水圧は20,000mm/㎠、
透湿性は4,500g/㎡/24と、必要な数値を満たしています。

 

また、比較的コンパクトなので、持ち運びしやすいです。

 

そして、値段も12,000円程度でお求めやすい価格となっており、
とてもおすすめできます。

 

RSタイチ ドライマスターレイン

 

前述のゴールドウインと同価格帯の商品で、
耐水圧10,000mm/㎠、
透湿性10,000g/㎡/24hと性能面でも優秀ですので、
こちらもおすすめです。

 

雨水の侵入を徹底的に防ぎたい方は
耐水圧の高いGベクター2コンパクトレインスーツを、
蒸れないことに重点を置く場合は
透湿性の高いドライマスターレインを選ぶと良いでしょう。

 

 

デザインにもこだわりたい!お洒落なバイク用のカッパをご紹介!

 

機能性よりも、デザインにこだわりたい!

 

そんなかたも多いと思いますので、お洒落なバイク用のカッパもご紹介します。

 

kiu レインポンチョ 男女兼用

 

男女兼用のポンチョ型レインコート、
デザインは26種類と豊富で、見た目もとってもお洒落です。

 

あなた好みの柄のレインコートを着れば、
雨の日が楽しくなること間違いありません♪

 

ただし、ポンチョ型なので風でばたつきやすい為、
バイクで長時間走行するにはあまり向いていないかもしれません。

 

モンベル mont-bell トラベルレインコート

 

こちらは前述のレインポンチョとは違い、
シンプルで大人の雰囲気溢れるデザインとなっています。

 

肌寒い日はコートとして、街中で着ていても違和感はありません。

 

また、「ゴアテックス素材」と呼ばれる高性能素材を使用し、
非常に優れた透湿性と軽量コンパクト性を有しており、
性能面でも非常に優秀です。

 

このようにデザインも性能も素晴らしい商品なので、
お値段は30,000円程度と少し高めとなっています。

 

バイク乗りの方にプレゼントとして贈ると喜ばれるかもしれませんね♪

 

 

最後に

 

バイク用のカッパと一口に言っても、
何を重視するかでいろいろ変わってきます。

 

雨水の侵入が気になる人は耐水圧の高いものを、
蒸れが気になる人は透湿性の高いものを、

風によるばたつきが気になる人は
ベンチレーションとアジャスターをしっかり備えたものを、

雨の日でもお洒落したい人はデザイン性の高いものを。

 

あなたに合ったカッパを見つけて、雨の日も楽しく走行しましょう♪