花嫁のグローブはしなきゃダメ? グローブをつける意味とは

女性の皆様にとって、大きな転機の一つが結婚式ではないでしょうか。

 

結婚式では衣装はどうされますか?
ウェディングドレスで悩まれてるのではないですか?

 

また、ドレスに合うグローブはどの様なものを選んだらいいのでしょうか。

 

・・・って、ちょっと待ってください!

 

そもそも、グローブってどうして身に付けないといけないのでしょう?

 

ウェディングドレスだけじゃだめなの??

 

そんな疑問にお答えするべく今回は、

 

「実はこんな意味があった!花嫁のグローブの意味」
「花嫁のグローブの代わり!?華やかなネイルやリストブーケ」

 

についてご紹介します。

 

 

実はこんな意味があった!花嫁のグローブの意味

 

 

花嫁の身に付けるグローブに込められた意味とは?

 

花嫁が身に付けるものと言うと、
ウェディングドレスベール、それとグローブがありますが、
このグローブには実は込められたことがあります。

 

フォーマルな意味合いで露出を控えることも当然ありますが、
その他に「無垢を表す」という意味合いもあるようです。

 

結婚をする前の花嫁については、
穢れの無い無垢な存在であると考えられていて、
グローブはそんな穢れの無い無垢な花嫁を
守るため、清めるためにあるのです。

 

結婚式で指輪の交換をしますが、その時グローブを外すのは、
今から花婿の物になると言う花嫁からの誓いの意味が込められています。

 

逆に、これから花嫁を花婿が守ると言う意味合いも含まれているのです。

 

話がそれますが、
花婿の手に持つグローブには、
花嫁を守る剣の代わりというふうに言われます。

 

これから人生を通して右手に持ったグローブ(剣)で、
大事な花嫁を守っていくという決意なのかもしれません。

 

それ以外に、右手に剣を持ち左手に盾を持つことから、
その盾で新婦を守る意味で新郎の左に新婦が立つのだそうです。

 

花嫁が着けるグローブにはこんな意味合いがあるのですね。素敵なお話ですね。

 

これからは、そんな意味合いが込められたグローブのことを
意識して着用しないといけませんね。

 

 

花嫁はグローブをしないといけないのか?

 

上記では、花嫁のグローブの意味について
ロマンティックなお話がありましたが、
だからと言って、実際にグローブを着ける必要はあるのでしょうか。

 

結婚式を挙げた方や、挙げられる方は知っていると思います。

 

実は、グローブって結構なお値段がするんですよね!

 

グローブって、そもそもしないといけないんでしょうか?

 

端的に申し上げて、絶対にしなければいけないことはないです。

 

近頃は、しない方が増えてきているのも現実で、
リストブーケなどが増えてきている様です。

 

他にも、式場やドレスの雰囲気に合わなかったり、
予算的に問題があったり、ネイルが見えないからだったり・・・
などがあって、着けない選択をする花嫁さんも多いようです。

 

ただし、キリスト教での式を考えられている花嫁さんには、
グローブが必須になると言っておきましょう。

 

その理由は、
前で取り上げた「花嫁の身に付けるグローブに込められた意味とは?」で、
説明したグローブは着用する意味が関係しているのです。

 

 

花嫁のグローブの代わり!?華やかなネイルやリストブーケ

 

 

華やかなネイルが映えるフィンガーレスグローブ

 

筆者は、グローブの代わりに華やかなネイルを紹介しようと思いましたが、
調べていくうちにネイルを活かしつつ、グローブが出来ることに気づき、
フィンガーレスグローブを紹介することを思い立ちました。

 

これによって、グローブの意味合いを保ちつつ、
おしゃれが出来るのでいいですよね!

 

さて、始めます。

 

指先のネイルをグローブで隠したくない花嫁さんには、
フィンガーグローブ何てどうでしょうか。

 

グローブと言えば指先から手首、肘まで覆ってしまいますが、
指先までおしゃれに見せれる花嫁さんたちに人気のグローブがあるのです。

 

その名も「フィンガーレスグローブ
一本の指に引っ掛けるようになっていて、
指は見えるようになっています。

 

このフィンガーレスグローブであれば、
ブライダルネイルした指先を隠さずに済みますから、
指先を可愛くしたい花嫁さんにピッタリ。

 

指輪の交換だって、普通のグローブなら外さないと指輪をはめれませんし、
緊張していたらグローブの脱着でぱたぱたしてなんて煩わしさがありません。

 

グローブの代わりにリストブーケはいかが?

 

リストブーケは、直訳すると腕輪や手首飾りといい。

 

ウェディングでは、ブーケを手首につけたもののことを言うのが一般的です。

 

リストコサージュリストブーケと呼ばれます。

 

ブーケを手に持つよりも身軽で自由、
グローブを着けるよりも華やかになり印象的に。

 

グローブの代わりに着けたいという花嫁さんが増えてきているようです。

 

デザインも自由で、造花を使ったリストブーケを作るもよし、
生花を使ったリストブーケを作るもよし。

 

お花のアレンジ次第で色とりどりのリストブーケを楽しみましょう。

 

「結婚式の準備中で、グローブをしたくないと感じている」という方、
今回の記事を読まれていかがでしたか?

 

グローブには着ける意味があったのですね。

 

この意味を知る事によって、
花嫁であるあなたも結婚式でグローブを着けたくなったのではありませんか?

 

そんな花嫁さんにオススメなのがフィンガーレスグローブです。

 

ブライダルネイルの邪魔にもならないし、
グローブの意味も残すことができます。どうですか?

 

それでも、グローブをしたくない方は、

グローブの代わりにリストブーケはいかが?