台風が近づくと体調が悪くなる理由と対処法について知ろう

台風が近づくと体調が悪くなる、そんなことってありませんか?

 

なぜ体調が悪くなるのか、どうやって対処したらいいのか
わからずにいつも我慢していませんか?

 

実は体調が悪くなるのには、ちゃんとした理由があるのです。

それに対処法だってあるのです。

 

なぜ体調が悪くなるのか疑問に思っていたかた、
今まで体調が悪くなっても諦めていたかた、必見です。

 

 

気圧が変化すると体調が悪くなる?そのメカニズムとは!

 

 

台風が近づくと気圧が下がる、つまり低気圧になります。

 

まあ低気圧が原因なんだろうな、と気づいている人は多いと思います。

でもそこから先はわからないですよね。

 

低気圧により引き起こされる
頭痛、腰痛、肩こり、耳鳴り、めまい、吐き気、関節痛、睡眠不足など。

 

これは「気象病」と呼ばれています。

 

実は気圧が下がることで、体内で下記のような変化が起こると言われています。

 

〈血管・リンパ管の膨張〉

 

山の上に登ると気圧が下がりますよね。

 

この時、持っていたペットボトルがパンパンになっていたことありませんか?

 

これを膨張というのですが、

これと同じ現象が人間の体内でも起こっているのです。

 

つまり、血管やリンパ管が膨張し、脳を圧迫して頭痛を起こしたり、
血液の流れを悪くして低血圧を起こしたりするのです。

 

〈酸素の供給量が減る〉

 

気圧が下がるということは、空気の流れが上昇しているということ。

 

これにより、天気が良い日に比べて、
若干ですが酸素の量が少なくなります。

 

酸素が少なくなると体内の活動、特に影響の出やすい自律神経系が乱れ、
頭痛や睡眠不足を引き起こす、というメカニズムになっています。

 

 

台風が近づいて体調が悪くなった時の対処法は?

 

 

ここまでで台風が近づいた際になぜ体調が悪くなるのか、
そのメカニズムがわかりました。

 

しかし、それがわかったからといって一体どうすればいいのか、
見当もつかないと思います。でも、ちゃんと対処法はあるのです。

 

〈お風呂に入って交感神経を刺激する〉

 

体温や心拍数が上昇すると交感神経が強まります。

 

交感神経は血管の収縮に働きかけるので、
低気圧によって膨張した血管が元の状態に戻すことができます。

 

つまり、お風呂に入って交感神経を刺激してあげると良いのです。

 

〈深呼吸をして酸素をしっかり取り入れる〉

 

前述の通り、低気圧によって酸素の量が少なくなっていますので、
深呼吸をしてしっかり酸素を取り入れることで、
自律神経系の乱れを整えることができます。

 

 

最後に

 

台風が近づくと体調が悪くなるメカニズム、
そしてその対処法がわかったと思います。

 

原因がわかることで精神的にも楽になれますし、
対処法がわかることで身体的にも楽になれます。

 

低気圧に悩まされてきたかた、これからは台風を恐れずに、

台風が近づいてきたら、しっかり深呼吸をして、
ゆっくりお風呂に入ってリラックスして過ごしてください♪