息子の初めての子供の日。鯉のぼりや五月人形は誰が買う?

春真っ盛り・・・これが過ぎれば長いお休みのGWが待っています!

 

大人にとっても羽根を伸ばせて楽しみですが、
その中には、子供にとって大事なお祝いの日がありますよね。

 

そうです。5月5日にある子供の日ですよね!

 

別名「端午の節句」、男の子の誕生や成長をお祝いする祝日です。

 

この日になると、五月人形を飾ったり鯉のぼりを揚げたりしますが、
五月人形や鯉のぼりを用意するにあたって、
鯉のぼりが欲しい妻と五月人形がほしい夫。両方買うのは二人とも反対。

 

自分たちの親がかってくれるというなら
両方欲しいと思っているのだけど…。

 

そもそも、五月人形と鯉のぼりって誰が買うものなのか?

 

そこで今回は、
「鯉のぼりと五月人形は誰が買う?」
「子供にも伝えたい。五月人形の兜に込められた意味」
「鯉のぼりと五月人形。両方揃えないといけないの?」を、
取り上げていきたいと思います。

 

 

鯉のぼりと五月人形は誰が買う?

 

誰が用意するかについてですが、多くのケースの場合、
男の子の場合は、父親側の祖父母が用意し、
女の子の場合は母親側の祖父母が用意するという意見があります。

 

孫のことに関して、母親側の祖父母が嫁いだ娘や孫に会いたいと、
お祝い事を口実に会いに行ったりすることから、
母親側の祖父母が用意することも言われます。

 

一般的に母親側の祖父母が用意することが多いようですが。

 

また、五月人形を母親側の祖父母、鯉のぼりを父親側の祖父母と、
両方の祖父母で用意する場合もあります。

 

けれども、それぞれの地域の風習や家庭環境もありますから、
その様な場合にはそちらに従うのが得策かと思います。

 

祖父母を当てにしないで、お父さん、お母さんの可能な範囲で、
子供の日を祝ってあげるのも一つの考えです。

 

ちなみに私の家では、両家の祖父母からお金を頂いて、
自分たち夫婦で五月人形と鯉のぼりを選ぶという、
みんなから不満の出ない方法で落ち着きました。

 

 

子供にも伝えたい。五月人形の兜に込められた意味

 

 

五月人形の鎧や兜は、
武士にとっての身を守るための大切な道具で命を守る象徴からきていて、
「男の子を病気や災害、事故から守って下さい」と言う願いが込められています。

 

そんな五月人形で気になるのが兜、
兜だけが色々な種類がありますが、これはどうしてなのでしょうか?

 

兜は、有名な戦国武将が身に付けていた兜のデザインになっています。

 

これは、兜を身に付けていた有名な戦国武将の様に
男の子にも育って欲しいと言う親の願いでもあります。

 

それではここからは、いくつかの有名な戦国武将の兜を紹介していきましょう。

 

直江兼続

 

直江兼続は、「愛」と「義」に生きた人物で、
「愛」の意味は、軍神・愛染明王の頭文字の「愛」する説や愛宕信仰説などあります。

 

直江兼続が評価されたのは、彼が生涯ナンバーツーを貫いたことにあります。

 

主人である上杉景勝を上回る器量人で家康や秀吉にも評価されながらも、
野心を出さずに主人に尽くしたのです。

 

「義を大切にして、大切な人を裏切らない」
大切な人を裏切る人にはなってほしくないですよね。

 

伊達政宗

 

伊達政宗の兜、個人的に好きです!かっこいいと思いませんか?

 

それは、さておき伊達政宗は幼いころに片目を失い、
ハンデにも負けず奥州の覇者となりました。

 

晩年は、副将軍で徳川家を支え戦国時代を生き抜きました。

 

戦略家で頭脳はで知られる伊達政宗。

 

天下取りも考えましたが、家康や秀吉らと丁々発止のやりとりをしながら、
伊達家の基盤を盤石にし、幕府に取り潰される事無く存続させました。

 

粋な男の事を「伊達男」なんていいますが、
これも伊達政宗からきている言葉だとか。

 

「かっこよくて精神力の強い男になって欲しい」
「聡明な頭脳派」
「チャレンジ精神が強く、目標に向かい突き進む」

 

伊達政宗の様に賢くて、かっこよくてみたいな
天は二物を与える男になれるかな?

 

 

鯉のぼりと五月人形。両方揃えないといけないの?

 

 

周りの外野から色々と言われると、
両方とも揃えないといけない?なんて不安になって考えてしまいますよね。

けれど、特には両方とも揃えないといけない決まりはありません。

ただ、祖父母が孫の初節句をどうしても祝いたいという思いもあるでしょう。

その気持ちはありがたいものです。

まずは、その気持ちを受け取った上で、五月人形を飾るスペースがあるか?
鯉のぼりのスペースは?など住宅事情を考えていきましょう。

 

このスペースに〇〇cmのものならおける等、
数字で具体的にだすことでスムーズに進むでしょう。

 

五月人形と鯉のぼりにも、スペースの無い部屋における小型のものがあるので、
その様なものを選んで飾ることで場所をとらずに済みます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

五月人形と鯉のぼりを誰が用意するのかについてですが、
一般的には、母親側の祖父母が買うようですね。

 

けれど、家庭の環境や地域の風習もありますから、
一概にこうしてくださいとは言い切る事が出来ません。

 

各、ご家庭で相談して、
五月人形と鯉のぼりを用意するようにしてみてください。

 

そして、兜に込められた意味についても、
親御さんがお子さんに相応しい意味合いの兜飾りを用意してあげて、
いずれお子さんに、その意味を教えてあげるといいかもしれませんね。

 

また、五月人形と鯉のぼりを両方揃えないといけないことはありませんから、
経済的な理由などがある場合には無理をしないでどちらか片方でいいでしょう。

 

お子さんの子供の日を親御さんが祝ってあげることに意味があります。

 

五月人形や鯉のぼりは身の丈に合ったものでいいと思います。