アキレス腱断裂後のリハビリとして、タオルによるストレッチ運動があります。これは、手術後2週間を過ぎた辺りから行います。

 

まず、タオルを土踏まず上の肉球辺りに巻きます。

 

 

次に、そのタオルを引きます。

 

 

この時、ゆっくりと無理の無いように引きます。痛いと思うまでやってはいけません。未だ日が浅い内は、ほとんど動かせず、歯がゆい思いをしますが、絶対に頑張ってはダメです。(この撮影は、術後9週目なので、結構可動域があります。)

 

5秒ほど引っ張ったら、また、元の位置に戻します。
その状態で、5秒ほど休憩し、再度引っ張ります。

 

これを何回が繰り返します。病院のリハビリでは、5分くらいやってました。

 

こうすることで、アキレス腱のストレッチになり、可動域を広げることができます。