• 子育て
積み木は最強の知育玩具!遊びながら子供の能力が目覚めていく!

積み木は、遊びながら子供の知育を高める玩具です。

 

さて今回は、
その知育玩具の積み木についての
あれこれを見ていきたいと思います。

 

 

積み木にはどんな知育の効果がある?

 

認識能力や創意工夫の意欲の強化と手を駆使することで、
大脳の発達を促すことができる積み木ですが、
1歳くらいから遊ばせるといいといわれています。

 

最初は、大きくつかみやすいものがいいと思います。

 

積み木を進化させると、
最終ブロックで目的のものを作り上げられるまで発達していきます。

 

積み木には、「創造性」を育む手助けをする役割があります。

 

また、集中力やバランス感覚などを刺激する知育に最高の玩具でもあります。

 

積み木はその想像力で遊び方がどんどん変わっていくので、
そのうちびっくりするような物を作るかもしれませんね。

 

 

 

積み木で知育するときのおすすめ商品を紹介!

 

今回は年齢を経る事で積み木の難易度を高くしていくと良いので、
年齢別に実際の積み木を紹介したいと思います。

 

 

1歳からのおすすめ

 

大きい ブロック 知育玩具

 

先ずお勧めしたいのは、大きいピースの積み木やブロックです。
両手でもつようなイメージをしてもらうといいですね。
大きくなると片手でつかめるようになってきます。

 

 

音が鳴るカラフルな積み木(積木)

 

赤ちゃんが舐めても安心な塗料を使用しているから出産祝い・誕生日に最適

口に入れても大丈夫な、音が出る積み木です。色もかわいいですし、何より安心なので、ぜひ使ってみていただきたいです。

 

 

2歳からおすすめ

 

スプソリ はじめての積み木セット

 

音も鳴りますし、なめても安心なのは嬉しいですね。
そこは1歳とかわらない部分ですが、
ピース的に中くらいの積み木もできるようになってくる時期なので、おすすめします。

 

 

 

3歳からおすすめ

 

積み木 ビー玉積み木転がし

 

積み木が終わった後は、ビー玉を転がしてさらに遊べる積み木となっております。
この年代になると、口に物を入れなくなってくるのでこういう物もオススメです。

 

 

最初は口に入れたり、なめたりするので、
そういったことからも大きめな積み木やブロックなどだと安心できるでしょう。

 

年齢を経るにつれて、口に入れなくなってきますし、
手も発達してくるので、片手でつかめるようにもなってきます。

 

それを確認してから新たな積み木を与えてあげてもいいのではないかと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

 

積み木が知育良いのは間違いありません。

 

効果の反映は個人でかわってくると思います。

ただ先ほどの、想像力や発想力、集中力など
様々養える玩具ではないかと思いました。

 

ぜひ取り入れてみてほしいです。