鯉のぼりを出すシーズンはいつから始まる?様子見せずに確認しよう!

暖かくなってきましたね~。
もうすぐ春がやってきますよ~。

 

男の子のいるご家庭だと衣替えしてる時に、
「あれー?これおじいちゃんからもらった鯉のぼりだー」なんて
鯉のぼりなんて出てきませんか?

 

そうそう、鯉のぼりの歴史ってすごく古いんですよ。

 

古来より、本格的な暑さがはじまる前の時期に無病息災を願う行事として、
端午の節句」が置かれていましたが、
江戸時代の中頃より、「端午の節句」に子どもの健やかな成長を願って
鯉のぼりが掲げられるようになりました。

 

のぼり旗に鯉の形が取り入れられたのは、
黄河上流の激流を上りきった鯉が龍になったという
中国の「登竜門」の故事にちなみ、
鯉が立身出世の象徴として縁起が良い魚と考えられていたからです。

 

そして鯉のぼりといったら、5月5日の端午の節句、
つまり「子どもの日」。

 

戦後1948年には、
5月5日の端午の節句は「子どもの日」として祝日に定められ、
特に、男の子のお子さんがいる家庭では、
屋外に鯉のぼりを屋内に武者飾りを飾る風習が定着していきました。

 

そして、鯉なのにめっちゃ色鮮やかだと思いませんか?

 

実はあれは家族を表現しているんですよ。

 

時代によって解釈が変わるものの、
現在では黒い鯉(真鯉)がお父さん、赤い鯉(緋鯉)がお母さん、

 

青やピンクの鯉が子どもたちを表すとされています。

 

ん?でも一番上に虹色の変なやつがあるような・・・?

 

その変なやつですが、
正式名称を「吹流し(ふきながし、吹き流し)」といいます。

 

鯉のぼりにおいては「吹流し」と言うと
コイをかたどったいわゆる「鯉のぼり」ではなく、
一番上に取り付けられる五色の筒を指す場合が多い。

 

また、こいのぼりの一番上に取り付けられる筒状のもの限らず、
それと同様の形状をした装飾なども吹流しと呼ぶそうです。

 

虹色…とはいかないものの、色が五色なのはなぜでしょう?

 

「五色」(ごしき)は
古代中国の「五行説」(ごぎょうせつ)に由来しています。

 

万物は、木・火・土・金・水の五つの要素で形成されているとの考え方です。

 

よって、五色の吹流しは、
幼子の無事な成長を願って「魔よけ」の意味で飾られました。

 

カラカラと回る矢車も同様な意味をもっています。

 

吹流しは家を象徴しているとも考えられます。

 

で、話は戻り…
「鯉のぼりを飾る時期っていつからいつまでが普通なんだろ?」
なんて疑問を、抱いていませんか?

 

夕暮れ時にクルマのヘッドライトを点けるタイミングを見計らうように、
ご近所さんの様子をうかがいながら、
鯉のぼりを飾る時期を見極めていたなんて人も多いのでは?

 

そこで、今回は今年2018年に鯉のぼりを出し入れするのにオススメの時期、
つまり具体的な日付をご紹介していきます。

 

 

鯉のぼりはいつごろから出していい?

 

 

・春分の日(2018年は3月21日)以降
・六曜的に「大安」の日
・晴天の日(ようするによく晴れている日)

 

この3つの条件がそろった日に鯉のぼりを出すのがオススメです。
というか、ぶっちゃけると、

 

鯉のぼりは
「この日に出してこの日にしまうべき」
といった明確な決まりはないんです。

 

ただ、一般的には早い地域だと、桃の節句(ひな祭り)が終わったタイミング。

 

普通だと、春分の日が終わってから鯉のぼりを飾り始める家庭が多いですね。

 

「もうちょっと具体的な日付を示してくれると、ありがたいんですが…」

 

なーんておっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで着目したいのが大安の日です!

 

まぁ単に日柄が良いからですが、
2018年での大安は以下のようになっています。
↓(春分の日~昭和の日まで)↓

 

3月26日(月)
4月1日 (日)
4月7日 (土)
4月13日(金)
4月18日(木)
4月24日(水)
4月30日(火)

 

この中から時間に余裕がある日をいくつか候補として
手帳などに書き込んでおき、
その日が晴れたら鯉のぼりを飾るという流れでいくのが
一番間違いない決め方ではないでしょうか。

 

 

鯉のぼりをしまう時期はいつ頃?

 

2018年の鯉のぼりを片付ける時期のおすすめは以下の通りです。

 

この中で天気の良いときに、鯉のぼりを片付けるのがベストって感じがしますね。

 

5月6日 (日)
5月12日(土)
5月16日(水)
5月22日(火)
5月28日(月)

 

※こどもの日以降の大安

というか・・・

 

鯉のぼりをしまう時期についても
基本的には出す日と同じ流れで決めれば問題ないです。

 

具体的には、こどもの日(端午の節句・5月5日)が終わったあとの
大安&天気のよい日を選んで鯉のぼりを片付ければOKです(`・ω・´)b

 

飾る&片付けのタイミングをまとめると

 

・鯉のぼりを上げる時期は春分の日を過ぎたあたりからが狙い目
・こいのぼりをしまう時期は、こどもの日が終わったらタイミングを見計らって
・「大安の日」「天気のよい日」を選んで鯉のぼりを出し入れするのがオススメ

 

以上となります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
それほど鯉のぼりの出す・片付けるのタイミングは、
さほどシビアではありませんしルールもございません。

 

春分の日も終わって天気がいいなー、
よし鯉のぼり出すかーってな感じでもいいと思います(笑)

 

それでは良い鯉のぼりライフを(/・ω・)/