• 生活術
主婦必見の家事分担方法で夫も協力的に!?

家事や育児、介護などの分担をめぐって、
家族間で言い争いが増えまくり、

 

いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が
「一緒にいて疲れる存在」になってしまい…果てに離婚!

 

そんな話を聞くことがよくあります(-ω-;)

 

どうして自分の不満が家族に伝わらないの?

 

どうしたら「一緒にいて疲れない家族」になれるのか?

 

もしかしたら、家族への伝え方を変えることで、
状況は変わるのかもしれません。

 

夫婦間でどう家事育児を分担するか、

皆さんは話し合ったことはありますか?

 

いざやろうとしても、
どう分担をするかでモメて、かえって疲れてしまいます。

 

家事を分担したい場合、
いちばん最初に気をつけるべきポイントはどこにあるのでしょうか?

 

今回はそのことについて語りたいと思います。

 

 

家事の分担に対して夫を無理なく協力的にするには?

 

 

家事の分担に賛成してくれる夫さん。

 

しかし、いざやってみると・・・
「何をすればいい?」「これはそうやってやればいい?」などの
いちいち妻の方が指示を出さないとやれない状況になってしまいます。

 

これなら妻自身がやった方が早いというね。
そこでオススメなのが、家事分担表を作るということ!

 

毎日やるものから、週一の頻度でやるもの、
月一でやるものの家事をひたすら表に描いていき、
「この中からできるものある?」と聞いていく。

 

さすがに一個もできないというダメ夫はいないでしょう。

 

明らかに女じゃキツい力仕事などは必ずやってくれるはず。

 

そして、ついでに出来るものも任せること。

 

子供の朝の保育園送りを担当してくれるなら
朝のゴミ出し、朝の洗い物など
ついでに出来るものをさりげなく混ぜていくことです。

 

決して増やしすぎてはいけません(;´・ω・)
必ず苦情がきます!!(笑)

 

そして、よくあるのが子供とお風呂に入ること。

 

これもかなり
「あなたが入ってあげて」だの
「仕事で疲れてるんだからお前が入ってやれ」って揉めません?

 

そこで解決法が・・・
子供と一緒にお風呂入る当番は子供に直接、
「パパとママどっちと入りたいでちゅか~?」と聞くことです。

 

子供が決めたなら親は反論できないです。

 

子供に選ばれなかった方はお皿洗いでも代わりにやっておきましょう( ̄▽ ̄)

 

 

最初は簡単な家事から!夫を褒めつつ少しずつ分担

 

 

夫というもの、いや男というものは、
家事の大変さとやり方などは
ほとんど知らないといっても過言でもないでしょう。

 

家事をどうしたら分担できるか悩んでいた時、
そもそも旦那は家事について全くわかっていないことに
気付く方はそう少なくないはず。

 

そのため、やり方や段取りが分からない、どこに何があるか分からない、
だから「やらない」と言う選択肢になっちゃうわけです(´・ω・`)

 

ということで、まず最初は超絶簡単なものから頼んでいきましょう。

 

 

頼むときに大切なのが、
「疲れてるところ本当にごめんね」と一声かけて
「本当に助かった!」と感謝をオーバーに伝えることです。

 

これなら頼まれる方もさすがに断りにくいです。

 

逆にやり方をしっかり教えて
ピンポイントで1つだけをまずはお願いして、
文句や不満を口に出さず
褒めることで夫は良い気分になってくれるかと( ^ω^)

 

夫は妻を「助けてやっている」という意識かもしれませんが、
知らず知らずのうちに家事に自信を持って
率先してやるようになってくれると思います。

 

夫の口から「これだけでいいの?もっと何かやろうか?」という言葉を
もらえるようになったら心の中でガッツポーズ!

 

謙虚な気持ちで返事しながら他の家事を手伝ってもらいましょう(*´ω`*)

 

そして、もう一つ気を付けなくていけないのが、
少しわざとらしいくらい「ありがとう」と「お疲れ様」を夫に言うことです。

 

仕事も家事も育児も、正直疲れます。
夫も毎日疲れたと言って帰ってきます。

 

私が家事と育児に追われている横でくつろぐ夫を見ると、
「やっぱり私の方が大変」と、思ってしまいます。

 

ですが、私と同じようにそう思うママさん。

 

文句を言いたい気持ちをグッとこらえてください。

 

夫に怒りをぶつけたくなる気持ちを飲み込んでください。

 

そして新人アルバイトに接するように優しく声をかけてみてください。
「いつもありがとう、お仕事お疲れ様」と(≧▽≦)

 

怒りや文句は逆効果!女は女優!!

 

自分が言われて嬉しい言葉なら、まずは自分から相手に言ってみる。

 

そうすることで相手も言いやすくなる、そう思います。

 

騙されたと思ってやってみてください(`・ω・´)b

 

家事や育児は大変ですが、
「毎日頑張っている」それを認めてもらえたら私はすごく嬉しいし、
きっと夫もそうだと思います(´;ω;`)

 

2人とも目的は一緒で、2人とも少なからず不満や疲れを溜めています。

 

そんな時、とにかく一言一日の終わりや何かしてもらった時に、
「ありがとう」と「お疲れ様」を言われるだけで、
また頑張ろうと思えるのもお互い一緒のはず。

 

家族が楽しく健やかに暮らせるように、
お互いが気持ちよく仕事や育児に向き合えるように、
声をかけあって共に働いていきたいですね d(´;ω;`)b

 

いかがでしたか?

 

家事分担、難しいでしょうが頑張ってください。

 

夫婦のお互いを信頼することが大事です(●´ω`●)

 

お互いを信じているからこそ、結婚したんでしょう?

 

これからも末長く・・・仲良くしていきましょう。

それでは良い家事分担ライフを(/・ω・)/