若くても薄毛になる?!要注意!!その原因とすべき対策は?

若者のみなさん、薄毛と聞いてどんなことをイメージしますか?

 

もしかして薄毛は中高年層の方々だけになるもの、
なんて思っていませんか?実は違うんです!

 

男女問わず若い人でも十分薄毛になる可能性があるんです。

今回は薄毛になる原因と薄毛対策についてご説明いたします!

 

 

薄毛になる原因は男女で違う!?

 

 

薄毛になる原因は男女で違います。

 

 

男性の薄毛の原因

 

まず男性が薄毛になる原因は
男性ホルモンの一つである「テストステロン」が
髪の成長を乱す「ジヒドロテストステロン」に
変異してしまうことにあります。

 

ジヒドロテストステロンが髪の成長サイクルを乱すことを
男性型脱毛症(AGA)といい、

薄毛の男性のうち特に多く発症しているものだそうです。

 

 

女性の薄毛の原因

 

女性の場合は食生活の乱れや
ストレスなどが原因となって引き起こされます。

 

薄毛や抜け毛が頭皮全体に広がる症状で女性型脱毛症(FAGA)
別名びまん性脱毛症と言われます。

 

 

男女共通の薄毛の原因

 

あとは「パーマやヘアカラーの使用」や「喫煙」などです。

 

これは男女問わずに言えることかもしれません。

パーマやヘアカラーを使用することで
髪の毛を傷つけて薄毛になりやすくなります。

 

また、喫煙の場合ですと
喫煙によって血のめぐりが悪くなり、
頭皮に栄養が行き届かず、
薄毛になる可能性を高めてしまいます。

 

薄毛になりたくない!という人は両方とも禁止!
とまではいきませんが、
注意してご使用いただくことをおすすめいたします。

 

 

薄毛対策はどうしたらいいの??

 

 

それでは薄毛になってしまった場合、
どうやって対策していけばいいのか?

薄毛は対策しない限り治らないものと言われています。

 

薄毛が気になった方は、
まず治す方法を見つけて実践したほうがいいでしょう。

 

これからその対策についてご紹介します。

 

まずは「育毛剤の使用」です。

これは男性も女性も該当します。

 

育毛剤は男性用だけでなく、
女性用のものも販売されており、
デザインも選びやすいものになっていると言えます。

 

他には「ストレスを溜めない」ことや
「食生活の見直し」や「十分な睡眠をとる」ことが大切です。

 

恐らくこれらは健康的な生活をするうえで不可欠なことだと思います。

 

「食生活の見直し」はミネラルやたんぱく質など食物からバランスよく摂取し、
一日三食とることで頭皮に十分な栄養を届かせることができます。

 

「十分な睡眠をとる」ことは、
より多くの成長ホルモンを分泌さることになるのです。

 

少なくとも8時間睡眠をとる事が良いとされています。

 

これは難しいかもしれませんが「ストレスを溜めない」こと。

 

日本の社会にはストレスがつきものなので、
どうしてもストレスを感じてしまう…
という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そういう時は自分なりのストレス解消法を見つけるのがベスト。

 

自分の好きな事をするもよし、
友達や家族に打ち明けるのもよし、
外に飛び出して運動するもよし…。

 

じぶんなりの方法を見つけて、
ストレスを少しでも解消させることをおすすめいたします。

 

 

さいごに

 

やはり薄毛というものは誰しもなり得るものだと思います。

 

もし、薄毛になったけど育毛剤を買うお金がなくて
悩んでるという方がいらっしゃれば、

まずは睡眠、食生活改善、ストレス解消
といった身近なことから始めることをおすすめいたします。

 

薄毛を治すために自分から出来ることを

少しずつ実践していくことで、薄毛は解消されるのです。