動けないと困る!?筋トレのあとに筋肉痛にならないで済む方法!

近年、芸能人やモデルの多くが食事制限でのダイエットや体づくりではなく、
しっかりと筋力トレーニングをして体型を維持していることから
筋トレのブームが到来しました。

 

しかし、筋トレをして引き締まった体を手に入れたいけれども
筋トレ後の筋肉痛が長引くのが嫌で
なかなかしっかりとトレーニングができない。

また、これ以上筋トレをすると筋肉痛になってしまうから
その手前でやめておこうとお考えの方は多いのではないでしょうか。

実はたった2つのことで筋肉痛を劇的に減らすことができるのです。

 

今回はすぐにできる簡単な方法をご紹介します。

 

 

筋トレ後の筋肉痛を和らげるストレッチの方法を紹介!

 

 

皆さんは筋トレ後ストレッチをしっかりしていますか?

 

終わったらそのまま休憩してしまっていたり、
すぐに着替えてしまっていたりなどしていませんか?

 

筋肉痛を和らげるためには、筋トレ後の筋肉のケアがとても大切です。

 

筋トレをした後の筋肉をそのままにしてしまうと
筋繊維が収縮し癒着や炎症が生じ、
この蓄積が疲労を作っていってしまうのです。

 

筋トレにより動かした筋肉には乳酸がたまった状態です。

 

ストレッチをすることでその疲労物質である乳酸を分解することができます。

 

塵も積もれば山となるという言葉がありますが、
放置しておくと疲労回復に影響し、
筋肉痛が長引く原因にもなります。

ストレッチの方法はとても簡単です。

 

全身の筋肉を「伸ばす」たったこれだけなのです。

ゆっくりと体が伸びていて
気持ちが良いなと感じる力加減で
全身の筋肉を伸ばしていきましょう。

 

筋トレにより収縮した筋肉を時間をかけて伸ばすことにより、
このあとにくる筋肉痛を軽減することができます。

 

また、ゆっくりストレッチをすることで呼吸も整い、
リラックス効果もあります。

 

激しい運動後は体と心を穏やかにすることもメリハリとして大切です。

 

 

筋トレ後の筋肉痛を抑えるプロテインの摂り方を紹介!

 

 

プロテインと聞くとボディービルダーのようにムキムキになってしまうのでは・・・
または、痩せたいのに太ってしまうのでは・・・
と心配する方が多くいると思います。

 

しかし筋トレ後に飲むプロテインは
筋肉のために飲んであげていると言っていいほど
筋肉にとってとても大切なことなのです。

 

実は筋トレ後は筋肉が傷ついている状態なのです。

 

筋トレをすると筋肉細胞が壊れ傷つき、

その修復ができるものこそタンパク質なのです。

 

そのため筋トレ後に飲むプロテインは

傷ついた筋肉の修復ドリンクとして

とても大切な働きをしてくれるのです。

 

筋肉の修復に必要なタンパク質
プロテインから効率良く取ることにより
回復力が上がるため筋肉痛を抑えることができるのです。

 

プロテインは運動後40分以内に飲むことが一番効果的と言われています。

 

最近ではさまざまな味のプロテインがあります。

 

水に混ぜて飲むだけでなく、

豆乳や牛乳で割って飲む、
バナナやきな粉を入れるといった方もいます。

 

運動後に筋肉のために自分に合ったプロテインを飲んでみてはいかがでしょうか?

 

 

いかがでしたでしょうか?

運動後にやってくる辛い筋肉痛
筋トレ後のストレッチプロテイン補給で
こんなにも簡単に和らげることができるのです。

 

すぐにでも始められそうですよね。

 

この2つをするのとしないのとでは圧倒的に筋肉の回復力が違います。

 

筋肉の回復力が早いということは

体を引き締めることも早くできるということです。

 

また、筋肉痛も軽減できるので、

動けないと困ることもなく、
すぐに筋トレを再開できます。

 

筋トレを一生懸命するだけでなく、

筋トレ後の筋肉のケアを大切にしてみてはいかがでしょうか。