妊娠検査薬はいつから反応する?正しく使って確実性を高めよう!

妊娠の可能性がある時って、気持ちソワソワ。

 

でも、産婦人科に行っても、妊娠確定の診断がくだされるのは、

早くても妊娠4~5週頃。

心拍が確認できるのなんて、もっと先の6週頃なんです。

 

妊娠4~5週とは、生理予定日から1~2週間目のことを指します。

 

えー、そんなに待てないよ~。

早く知りたーいっ。

 

そんな時には、妊娠しているかを自宅で手軽に調べることができる

妊娠検査薬」が頼もしい味方になってくれますね!

 

市販で簡単に手に入る妊娠検査薬ですが、

誤った使い方をされることもしばしば。

ここで正しい使い方を学んで、役立ててくださいね!

 

 

妊娠検査薬を正しい時期に使った場合の判定確率は?

 

 

妊娠検査薬って、

生理の一週間後からの判定が可能という商品が大半。

 

どうして?

妊娠検査薬は、「hCG」に反応するように作られているから。

 

hCG」って?

受精卵が子宮に着床すると分泌されはじめるホルモンのこと。

 

このホルモンは生理予定日から一週間程度でしっかり増えてきて、

尿からもしっかり排出されるようになるのです。

 

だ・か・ら。

生理予定日の一週間後になると、

正しく判定ができるというわけなんですね。

 

でも!

1000円前後で購入できて、

尿をかけるだけという手軽さ!

 

生理予定日あたりから

「今日は反応でるかな!」

「明日は陽性になるかもよ?」

 

なんて、ついつい早め早めから

しかも、毎日のようにチェックしちゃった!

っていう、そこのアナタ!

 

はい、そのお気持ち、ものすごく分かります!

だって、私もそうでしたから。。。苦笑

 

でも、正しくない使い方をすると、

正しくない判定がでてしまうこともあるのです。

 

逆に、正しく使用すれば、なんと99%という精度の高さ!

ここはもう、待ち遠しくても、ぐっと我慢。

正しく使用するしかありませんね。

 

そして、陽性反応が出たら、自分のため、赤ちゃんのために

出来るだけ早く産婦人科を受診してくださいね。

 

 

妊娠検査薬の線がうっすらなときの判定は?

 

 

妊娠検査薬に尿をかけて待つこと数分。

 

ドキドキしながら判定窓を見たら・・・

線がうすい。

 

「ん???これって・・・???」

と戸惑った経験、ありませんか?

 

高精度なはずの妊娠検査薬。

うっすらとしか線が出なかったのは、何故なのでしょうか?

 

原因はいくつか考えられます。

 

 

 

まずは、検査する時期が早かった場合。

 

hCGホルモンの量が少なすぎて、

正しく判定できなかったということですね。

 

この場合は、うっすらとした線、

もしくは陰性を示す場合もあるそうです。

 

 

 

次に、検査する時期が遅すぎた場合。

 

先ほどとは逆のパターンです。

 

妊娠10週あたりでピークになると言われるhCGホルモン。

この辺りで検査をすると、hCGホルモン量が多すぎて、

妊娠検査薬が正しく反応しないということも

起こりうるそうです。

 

これには、びっくりですね。

 

 

 

そして、尿自体が薄かった場合。

 

水分を多くとった時って、

尿の色が薄くなることありますよね。

 

そんな時は、hCGホルモン量も薄まってるわけなんです。

 

子どもの頃、

尿検査は朝起きて一番の尿をとりましょうって言われましたよね。

 

それって、体が外部からの色々なものに影響を受けにくい状態だから。

 

妊娠検査も是非、朝一に!

 

 

 

では、うっすら判定だった時は

どうすればいいの?

 

 

検査が早すぎたかなと思ったら

2~3日後の朝一に再度検査してみましょう。

 

遅すぎたと思ったら

速やかに産婦人科を受診しましょう。

 

また、うっすらとした線が続く場合は、

子宮外妊娠や、化学流産の可能性があります。

 

子宮外妊娠とは、

子宮以外の場所に受精卵が着床してしまった状態。

 

化学流産とは、

一度は受精卵が着床したものの、妊娠が成立しなかった場合をいいます。

 

これは、医学的な流産にはあたりません。

化学流産は誰にでも起こり得り、

また通常は、妊娠していたことにも気づかない人がほとんどです。

 

素人判断は危険なこともあるので、

おかしいな、と感じる時は

必ず、産婦人科を受診するようにしましょう。

 

 

まとめ

 

妊娠検査薬の正しい使い方、

もうばっちりですね。

 

正しくない使い方をすると

正しく判定ができないだけではなく、

曖昧な判定に戸惑ったり、

知らずにすんだはずの化学流産にショックを受ける人もいるかもしれません。

 

妊娠検査薬

生理予定日の一週間後の朝一に

使用するようにしましょうね。