桃の節句とひな祭り!違いはあるの?歴史を学んでかしこく祝おう!

3月3日は、ひな祭り。

女の子の健やかな成長を願って行うお祭りですね。

 

また、赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を初節句と言いますが、

女の子なら3月3日の桃の節句を初節句として、

健やかな成長を願ってお祝いしますね。

 

あれ?ひな祭り桃の節句

 

どちらも女の子の健やかな成長を願って祝っているようだけど・・・

 

何が違うんだっけ???

 

知っているようで、実はよく知らない人が

多いかもしれないですね。

 

では、ひな祭りと桃の節句について、

ちょっとお勉強してみましょうか!

 

 

桃の節句とひな祭りの歴史を知ろう!

 

 

桃の節句とひな祭りって、何が違うの?

 

ズバリ!違いはありません!(笑)

「桃の節句=ひな祭り」です。

 

なんだー、やっぱりそうかーっていう感じですよね~。

 

 

じゃぁ、どうして二種類の呼ばれ方があるのでしょうか。

この謎は、歴史を調べていけば、よく分かります。

 

 

 

まず、「節句」について学んでみましょう!

 

「節」には「季節の変わり目」という意味があり、

古代中国の暦で定められていたものだそうです。

 

 

そして、「節句」とは、その「重要な季節の変わり目に、

神様に食べ物をお供えして、邪気を祓い、

無病息災などを願った行事」のことなんです。

 

 

 

では、節句が五つもあるのをご存知ですか?

 

 

☆節句の種類☆

 

1月7日 人日(じんじつ)の

節句

七草の節句 健康を願い、七草粥を食べる
3月3日 上巳(じょうし)の

節句

桃の節句 穢れ(けがれ)を祓う(はらう)為、人間の身代わりとして、息を吹きかけた人形(ひとがた)を水に流す
5月5日 端午(たんご)の節句 菖蒲(しょうぶ)の節句 鬼を追い払う為、臭いのある菖蒲を軒に葺いたり、お風呂にいれたりする
7月7日 七夕(しちせき)の

節句

七夕 中国の牽牛・淑女の話が、日本の棚織津女の物語と合わさって生まれた祭り
9月9日 重陽(ちょうよう)の

節句

菊の節句 最大の奇数・九が重なる特に負担の大きい日とされた。中国では菊は不老長寿になると考えられていた為、邪気を祓い、長寿を願って菊の花が飾られた。

 

上表の五つの節句は「五節句(ごせっく)」と呼ばれ、

元は中国(唐の時代)の制度だったそうです。

 

 

よく見ると、節句の月日は全て奇数であることが分かりますね。

 

どうして??

中国では、偶数は縁起が悪いと考えられていたからなんです。

 

 

え?節句の月日は奇数ばかりだけど??

 

いえいえ、これがなんと!

奇数月+奇数日=偶数になるから、これは縁起が悪い!

ということらしいです。

 

ちょっとこじつけにも思えてしまいますが、

大真面目な理由なんです。

 

 

だから、そんな縁起の悪い日には、生命力をもらうために、

季節の食べ物を食べたり、神様にお供えしたりして、

邪気を祓うという行事が行われていたのですね。

 

その行事が、日本へ奈良時代に伝わってきて、

江戸時代には公式行事として定められたのです。

 

最初は大名などお偉いさんたちの行事だったそうですが、

そのうち、庶民にも広がっていきました。

 

そして、農業をする人々が昔から行っていた

日本の風習も混ざりあっていき、

現在の五節句となったと言われています。

 

これらは、明治時代には廃止となってしまいましたが、

現在でも日本人の間で受け継がれているのは、

なんだか素敵なことですね。

 

 

それでは、本題に入りましょう。

 

桃の節句とひな祭りの歴史について、です!

 

Q&A方式で、説明していきましょう。

 

Q:どうして、上巳の節句を桃の節句と呼ぶのですか?

 

A:上巳というのは、旧暦の最初の巳の日を指し、

それが3月3日だったそうです。

 

旧暦の3月は、新暦では4月のこと。

 

ちょうど、桃の花が咲くころですね。

だから、「桃の節句」と呼ばれるようになりました。

素敵ですね。

 

そして、上巳の節句は、明治時代に入ると、

新暦でも3月3日に引き継がれました。

 

これが、桃の花が咲くには少し早いのに、

上巳の節句が桃の節句とも呼ばれる由来なんですね。

 

 

Q:どうして、桃の節句をひな祭りとも呼ぶようになったのですか?

 

A:節句が中国から伝わってきたことは、分かりましたね。

 

中国では、水辺で穢れを祓う習慣がありました。

この習慣が、節句と一緒に日本に伝わってきたのです。

 

やがて、節句の時に穢れを祓う為の道具として

「人形(ひとがた)」が使われはじめました。

 

人間の身代わりとして、

息を吹きかけた人形を水に流すことにより

穢れを祓おうという風習ができたのです。

 

現代でも「流し雛」をする地域がありますが、

その風習の名残りですね。

 

また、当時、貴族の子どもたちは、

紙で出来た着せ替え人形で遊んでいたそうです。

これは「ひいな遊び」と呼ばれていました。

 

この「人形(ひとがた)」と「ひいな遊び」が

合わさったものが、「お雛様」であると言われています。

 

やがて、技術が向上し、人形も豪華になり高級化。

 

幸せを願って飾る、現在のお雛様へと

定着していったそうです。

 

これが、桃の節句ひな祭りとも呼ぶ由縁です。

 

なんだか、奥が深いですね。

 

歴史を知ることで、

健やかな成長を願う気持ちも更に強くなりそうですね。

 

 

 

桃の節句とひな祭りを祝う食べ物の意味を知ろう!

 

 

桃の節句とひな祭りの歴史、楽しんでもらえましたか?

 

では皆さんは、桃の節句と聞くと、

どんな食べ物が思い浮かびますか?

 

桃の節句の食べ物には、様々な願いが込められているんです。

 

 

☆菱餅

 

ひな人形にも、菱餅が飾られていますね。

ちょっと変わったこの形や色には、ちゃんと意味があるんです。

 

菱餅も、中国がルーツとなっています。

中国では上巳の日に母子草(ははこぐさ)のお餅を食べて

母子の健康を願う風習があったそうです。

 

それが日本に伝わると、母子草の代わりにヨモギで

お餅(緑色のお餅)を作るようになりました。

 

江戸時代になると、菱の実を入れた白い餅と組み合わせた二色に、

明治時代になると、くちなしの実を入れた赤い餅も加わり、

現在に伝わる三色の菱餅になったそうです。

 

 

【色の順番】

 

下から「緑→白→赤」が一般的です。

 

「雪(白)の下から草(緑)が芽吹き、

雪の上では桃(赤)の花が咲いている」という

意味が込められているそうです。

 

なんとも生命力に溢れ、清々しく汚れのない様子が

目に浮かんできますね。

我が子の健やかな成長を願うのにピッタリですね。

 

色の順番には地域によって違いがあるそうです。

また、一般的には菱餅といえば三色ですが、

五色の地域もあるようです。

 

 

【色の意味】

 

緑・・・「草木」を表すという説と、

「長寿・健康」を表すという説があります。

 

白・・・「雪」を表すという説と、

「清浄」を表すという説があります。

 

赤・・・「桃」を表すという説と、

「魔除け」を表すという説があります。

 

 

【形の意味】

 

大地を表している・・・雪の下から草が芽吹き、

雪の上では桃の花が咲いている、

そんな大地の様子を表している

という考えですね。

 

 

心臓を表している・・・餅に入っているヨモギやクチナシが

邪気を祓う意味合いを持つため、

菱型は心臓を表し、無病息災・健康を願った

という考えです。

 

 

他にも地域によって、色々な言い伝えがあるようなので、

自分の地域ではどんな意味があるのか、

ご年配の方に聞いてみるといいですね。

 

 

☆ちらし寿司

 

長寿の象徴の海老、見通しがきくレンコンなど、

縁起の良い具材が沢山入っています。

おせち料理と似ていますね。

卵に人参、三つ葉などを入れた、春らしい彩りも

ひな祭りにピッタリです。

 

 

☆はまぐりのお吸い物

 

ハマグリの殻は、絶対に対の殻としかピッタリ合いません。

そのことから、相性ピッタリの良い相手とめぐり逢りあい、

幸せな結婚ができるようにと願ったものです。

 

 

☆桃花酒・白酒・甘酒

 

桃が百歳を表す「ももとせ」に通じることから、

長寿を願い、元々は桃花酒が飲まれていましたが、

江戸時代には白酒が好まれるようになりました。

子どもにはノンアルコールの甘酒を飲ませてあげましょう。

 

 

☆ひなあられ

 

昔は、お雛様に春を見せてあげようと、

ひな人形をもって出かける風習があったそうです。

 

その時に、ごちそうと共に

ひなあられを持って行ったのがはじまりです。

 

ピクニックのお弁当とデザートといった感じですね。

 

お雛様に春を見せてあげようとは、

なんて風流なんでしょう。

 

 

まとめ

 

桃の節句・ひな祭りの由来や食べ物の意味、

しっかりとご理解していただけましたか?

 

厳かな気持ちになったり、

なんだか心弾んでワクワクしたりもしませんか?

 

まさに、可愛い我が子の健やかな成長を願う行事に

ピッタリの歴史や意味合いでしたね。

 

桃の節句には、大切なお子さんを囲んで、

健やかな成長を願いながら、ごちそうを食べて、

ご家族で楽しい思い出を作る一日にしてくださいね。