卒園式の服装をチェックしよう!父親が間違わないためのポイント!

卒園式はお子さんが小学校に入学する前の大切なイベントです。

 

親としては、場をわきまえた服装で我が子の晴れ姿を見届けたいものです。

 

女性向けファッション雑誌などでは、
時期が近くなると卒園式ファッションについての記事が掲載されるので、

母親がマナー違反の服装をしてしまうというケースは割と少ないのですが、

 

普段そのような情報に触れることがない父親は、

うっかり間違いをしてしまうことがあります。

 

お父さんのための卒園式での服装についてまとめました。

 

 

卒園式に父親はどんな服装で行くべきか?

 

 

特に日ごろからスーツを着用することが多いというお父さんが、

自分は慣れているから大丈夫だと高をくくってしまい、

その場にふさわしくない洋服を選んでしまうケースがあります。

 

一番気を付けなければならないのは、スーツの色です。

 

おめでたい席ではあるのですが、
お別れの場であるという意味合いから、
明るい色は場違いとなってしまいます。

 

紺、黒、グレーを選びましょう。

 

礼服を持っていればそれでも構わないのですが、
小物の選び方を間違えて黒だけでまとめてしまうと、
お葬式のようになってしまうので注意しましょう。

 

挙げた中でも特に人気の色は、
小物を変えれば入学式でも使うことのできる紺です。

 

黒よりもやわらかく、

グレーよりも爽やかな印象を与えることができます。

 

可能であれば子供と母親の服にも同じ色味を加えると、

写真撮影などで家族全員で集まったときに統一感が生まれます。

 

新たにスーツを購入する場合は出費がかさみますが、
仕事でも使えるようなものを選べば、結果的にはお得になります。

 

 

卒園式におすすめのシャツやネクタイの色は?

 

 

具体的に卒園式の際にそのような選択をすればよいのか、
アイテム別に説明します。

 

まずはネクタイですが、
色柄は落ち着いた定番デザインにするとよいでしょう。

 

せっかくの場だからおしゃれしたいという人、
定番デザインだと普段の仕事の時の格好と変わらなくてつまらない
という人がいるかもしれませんが、
着こなしで遊び心を出すのは入学式まで取っておきましょう。

 

あくまでも主役は卒園する子供たちであり、

父親はTPOをわきまえた服装をしていれば良いのです。

 

もし少し工夫するとしても、

ネクタイの素材を少し光沢のあるものにするくらいに

とどめておくことをおすすめします。

 

悪目立ちしてしまった場合、
自分の子供にも恥をかかせることになってしまいます。

同様にシャツの色も白、

またはごく薄い水色などに留めておきましょう、

 

柄は無地か、柄を選ぶとしても細いストライプなどです。

意外と気を抜いてしまいがちなのが靴下です。

 

仕事の際はあまり靴を脱ぐ機会がないため、
あまり靴下が目につくことがありません。

 

そのため気が付かないうちに靴下が古びてしまっている可能性があります。

 

一方で、卒園式では何かと靴を脱ぐ機会があります。

 

その時にもし靴下に穴が開いていたとしたら大ピンチです。

 

かしこまった場なので、

できれば新しい靴下を用意しておくと安心でしょう。

 

色はスーツ、ネクタイ、シャツと合わせたときに
バランスが良いものを選びます。

 

小物まで気遣いが行き届いていると、

周りからも一目置かれる存在になります。