初めての卒園式!母親が着ていくスーツの色はどんな感じで選ぶ?

卒園式は子どもの成長の節目である大切な行事です。

 

もちろん保護者も共に出席しますが、
その時に迷うのが母親のスーツの色です。

 

保護者であるために派手すぎになるものは避けたほうが良いですし、
反対に地味になり過ぎてもお祝いの席には不釣り合いです。

 

卒園式で失敗しないための服装についてまとめました。

 

 

卒園式に母親が着るスーツの色はどれが無難?

 

 

一般的には入園式や入学式は明るい色の服装をする人が多く、
卒園式は暗めの色の服装をする人が多いようです。

 

暗めの色のスーツというと黒や紺になると思いますが、
そういった色合いでありながら、
少し華やかな雰囲気を出せる素材のものを
選んでおけば間違いはないと思います。

 

色が暗めになるので、ラメの入った素材にしたり、
サテンなど光沢のある素材にすると
見た時の印象が明るくなります。

 

また小物使いも重要です。

 

もしも、全体の印象が暗過ぎると感じた時には
明るさを出せるようなコサージュを使用したり、

輝きのあるブローチをつける、

スカーフを使用するなどの工夫をしてみると

華やかさを加えることができます。

 

バッグなどの小物類で明るさを出すこともできますし、
髪型を工夫してヘアアクセサリーで明るさを追加することもできます。

 

卒園式はお祝いの席ですが、
粛々とした雰囲気で行われることが多いため
派手になり過ぎないように気をつけます。

 

また主役は子どもなので
母親らしさを出せるような清潔感を失わないようにしましょう。

 

そういった点に注意してバランスをとるようにすれば、
初めての経験でも失敗することなく過ごせると思います。

 

 

卒園式のスーツに喪服はOK?

 

 

卒園式の時に着用するスーツは
地域によっては喪服が一般的な場所もあります。

 

これは地域による違いなので、
自分が住んでいるところがどのような習慣になっているかは、
周囲の保護者に聞いてみない限りわかりません。

 

喪服は普通の黒のスーツとは色味が違っていて深い黒色をしています。

 

そのため、同じ黒でも印象が大きく違ってきます。

 

もしも決まった服装をする習慣がある地域に住んでいる時には、
自分も周囲に合わせて同じような服装をしたほうが良いと思うので、
事前に同じ園の保護者に確認しておきましょう。

 

またそういった習慣がない場所だけど
他に持っているスーツがないために
喪服を使用したいという場合には、
そのまま着用するのではなく
ジャケットを別のものに変えるなどの工夫をして
使用すれば大丈夫でしょう。

 

ストッキングを黒にしてしまうと全体の印象が暗くなるので、
必ず肌色のストッキングを使用するようにして、
アクセサリーも使いましょう。

 

コサージュはつけるだけで印象を大きく変えられるのでおすすめです。

 

卒園式はコサージュも暗い色のものを使用する人が多いと思いますが、
キラキラしたものを使ってあったり、
レースなどで華やかさを出したものがあるので
そういったものを選ぶと良いでしょう。

 

こうして使い方を工夫すれば

地味になり過ぎることなく
手持ちのもので卒園式に出席することができます。

 

ただ地域によっては礼服は着ないという地域もあるようなので、
その点は事前に周囲の人に確認しておくと安心です。